孤独のチェーン飯26:そのソース、凶暴すぎ。猛暑を乗り切るニンニクパワー!松のや「スパイシーカレーソース ロースかつ定食」

投稿日:

今年の夏は、ホントに暑さがキビシイですよね。私、もうバテバテです。

もうぐったりして食欲が落ちまくりで、この夏、体重が5キロほど減りました。いわば「夏バテダイエット」ってところです。

ま、それでもたまに、がっつり食べなきゃって思うことがあるんですよ。そんなときには「松のや」に行くんです。とんかつが、安くてそれなりにおいしいし、店舗によってはライスとみそ汁がおかわり自由だし。

で、あるとき松のやに行ってみたら「夏はスタミナ!」なんて謳ったポスターがありまして。ああ、これだ! おれに必要なのはコレなんだ!って思ったわけです。

その名も「スパイシーカレーソース ロースかつ定食」。

さっそく食べてみたら、まーうまいの何の!

孤独のチェーン飯25:どこか懐かしくって何度も食べたくなるフシギ。名代 後楽そば「焼きそば」

投稿日:

蕎麦屋さんとかでよく見かける「名代」、あれって「なだい」って読むのが正解なんだそうですね。私、てっきり「みょうだい」だと思ってました。

でも「みょうだい」だと「誰かの代わり」みたいな意味なので、変だなぁおかしいなぁと、稲川淳二さんっぽく首をひねっていたんですがね。

「なだい」だと「かの有名な」みたいな意味合いらしく、ああなるほどねっていう感じじゃないですか。

で、その「名代」が付いた蕎麦屋さんのひとつが「名代 後楽そば」です。もともと有楽町のガード下にあったお店が、数年前に惜しまれつつ閉店しましたが、今年になって五反田で復活! いやーめでたいめでたいってことで、じつは結構な頻度で食べに行っております。

何しろ、もともと五反田勤務。会社を辞めてからも、五反田に行くたびについふらふらと寄ってしまっているんですよね。

なぜか。答えは簡単。

そこに、あの「焼きそば」があるから、に決まっています。

孤独のチェーン飯24:柚子のかほりが、夏。これぞまさしく手乗り天丼!モスバーガー「天麩羅モス」

投稿日:

みなさま、お元気でしょうか。わたしは早くもちょっと夏バテ気味です。

何より気温差がいけません。暑かったり寒かったり。何なんですか、いったい。いじめですか、そうですか。

そんなこんなで近ごろ少し食欲が落ちたりしているわけですが、こういう季節に結構好んで足を運んでいるのがモスバーガーでありまして。

がっつり食べるのがツラいとき、モスバーガーなら程よいボリュームのごはんが食えるので、わりと重宝しておるのです。

そう、お目当てはハンバーガーじゃなくて、ご存知ライスバーガー。

とりわけ現在店頭に並んでいる限定メニューの「天麩羅モス」、あれはイイ。なかなかデキるやつです。男前です。

何しろもう、これひとつで「めし食った感」が味わえるんですから。

孤独のチェーン飯23:なぜか仮面女子とのコラボ!?恐るべし!日乃屋カレー「極 和牛ライスカリー」

投稿日:

近ごろ増えてきましたね、日乃屋カレー。わりとあちこちの街角で見かけるようになりました。

結構好きなんですよ、あの濃厚な甘辛ソース。「ザ・日本のカレー」っていう感じで。

こないだ半月ぶりぐらいに近所の日乃屋に行きまして。

するとね、なんかすごいハデな看板が出てたんですよ。

「仮面女子×ヒノヤカレー スペシャル限定コラボメニュー」

「極 和牛ライスカリー」

な、何それ!

何で仮面女子!?

よくわかんないけど、こりゃ食べないわけにはいかないでしょ。

だって「和牛」ですよ? 「極」ですよ?

おまけに、あの「最強」といわれる地下アイドルグループ・仮面女子との謎コラボですもんね。

というわけで、さっそく食べてみた次第です。

孤独のチェーン飯22:ファ〜ミリーなお店なのに本格中華の味わい!これはご飯にもアルコールにも合う!バーミヤン「黒豆板醤のコク旨マーボ豆腐」

投稿日:

そういえば、最近バーミヤンって行ってないな、と思いまして。

最近っていうか、たぶん5年以上はごぶさたしているんじゃないかと。

ぼくの日常の行動範囲にお店がないんですよね、バーミヤン。

だから何がウマいのかとか、そんなことも全然知らなくって……。

と、そんな話をしていると、当MODUL.JPのライターとしても活躍中のムーシャこと武者良太氏「バーミヤンは麻婆豆腐がうまいよ!」と教えてくれまして。

それじゃ行ってみますか!

ってことで今回「孤独の」という連載タイトルなのに、はじめてふたりで食べに行ってきました。

[タニマチ自腹]孤独のチェーン飯 番外編:cheero Wireless Earphonesと一緒なら孤独メシでもハッピーなのだ!

投稿日:

なんとcheeroから、ワイヤレスなBluetoothイヤホン「cheero Wireless Earphones」が発売されておりましたね。

完全ワイヤレスっていうか、左右分離型っていうか。コードがまったくないっていうアレですね。

で、その発売日、ちょっとお安い限定価格だったもので、そんじゃいっちょ買ってみるかって。だって、定価6,980円(販売価格4,680円)のところ、サンキュッパ、3,980円なんですから。

もうね、すかさずカートにノールックパス! レジにGO! ですよ。

このcheeroのワイヤレスイヤホン、この安さでいろんな機能が盛り込まれているわけですが、なかでもぼく的チャームポイントは「環境音ON/OFF機能」があるところ。

音楽を聴いてる状態で、周囲の音をちゃんと拾うことができるというんですよ。

これって、たとえばお店でごはんを食べながら音楽を聴いていても、店員さんの声とかが聞こえるわけでしょ? ふつうにちゃんとやりとりできるんでしょ?

ちょー便利じゃん!

というわけで。イヤホンが届いたら、さっそく何か食べに行ってみることにしました。

孤独のチェーン飯21:ちょー朗報!あの最強メニューが帰ってきてオジさん号泣!丸亀製麺「肉うどん」

投稿日:

何ということでしょう!

もしかすると、個人的に今年いちばんのうれしいニュースかもしれません。

あの丸亀製麺の「牛すき釜玉」、またまた復活ですよ!

ほぼ半年ぶり、たぶん3度目の登場でしょうか。まさに不死鳥ですよ。ボクシングでいえば、ジョージ・フォアマンですよ。

ということは、ということは。アレもまた復活ってことじゃないですか?

あの「牛すきかけうどん」が!!!

ええ、知ってますよ。以前にもここに書きましたよ。

何度書いたっていいじゃないですか。 いけませんか!

ともあれ、ちゃんと復活しているかどうか、丸亀製麺に行って確かめてみるとーー

あった! 「肉うどん」! これだ!

ちょっと名前が違いますけど、このオレは見逃しませんよ!

孤独のチェーン飯21:こんな吉野家の食べ方があったのか!豚&牛のスペシャルコラボ丼「豚丼」+「牛皿」!これぞオトコの肉祭りやでー

投稿日:

かつて、ネットで話題になった「岩倉スペシャル」って覚えてますか?

松屋の牛めしを、さらにおいしく食べる方法として結構知られるようになったアレです。ちなみにぼくも一時期、飽きるほどこればっかり食べてました。

牛丼を食べる頻度が高くなればなるほど、どうせなら、さらにおいしく食べたいって思ってしまうんですよね。

そういうスペシャルな食べ方、しばらく聞かないなーと思っていたら、吉野家方面で新ネタが勃発したもようでして。

豚丼と牛皿をオーダーして、あいがけにして食べるとウマいっていうんです。

なんという贅沢な!

そんなの食べてみないワケには行かないじゃないですか!

孤独のチェーン飯20:イケメンだらけの映画『曇天に笑う』のコラボ丼は柔らかチャーシューが超イケメンだった!天丼てんや「チャーシュー三兄弟天丼」

投稿日:

てんやの「三元豚ロース天丼」って、食べました?

何ですかあの豚天のデカさ! あのボリューム! ダメでしょ。あんなの反則でしょ。

いままで二度ほど食べたけど、もう一回ぐらい行っとかないと気が収まりませんよ。

てなことで、きのう近所のてんやに行ってみたんですよ。そうしたら。

……いやあ、驚きましたよ。三元豚ロース天丼、メニューから消滅ですよ。

何でも提供期間が2月15日から3月19日までだったようで。

もうね、がーーっかりですよ。しょうがないから別の天丼にしようとメニューを開いてみたんですよ。するとね。「チャーシュー三兄弟天丼」っていう文字が目に入ってきたわけですよ。どーんと。

何やねん!と。チャーシュー三兄弟って何やねーん!!

と、いうわけで、さっそく食べてみることにした次第です。はい。

孤独のチェーン飯19:スパイスの深き味わいに、ああこれが大人の味ってやつなんだなあと思った早春。CoCo壱番屋「大人のスパイスカレー」

投稿日:

そういえば。私、あまり他人から「大人だね」と言われた記憶がありません。

もうじき還暦を迎えようかっていう年頃なのに。

おかしい。

そもそも「大人」って何なんですか。

うーむ。

考えれば考えるほどわかりません。

だから、なのか、商品名やらキャッチコピーやらに「大人のなにがし」っていうフレーズが入っていると、それだけでもう、ちょっとココロ惹かれてしまうんですよね。

もしかすると、コレを買えば・コレを食べれば「大人って何か」なる深淵なる謎を解くカギが見つかるんじゃないか!と。

まあウソですけどね。

とにもかくにも、ココイチの店頭で「大人のスパイスカレー」のポスターを見かけて、思わず足が止まってしまったのは確かです。

カレー好きの、大人と呼ばれたいオジさんとしては、黙って通り過ぎるわけには行きませんよね、これは。