[タニマチPR] iPadを2枚使う勉強方がコスパ最高だった!そしてぶうびんポストと第3回HHKBミートアップ

投稿日:

いしたに まさき:毎日寒暖がはげしくて、今にも体調崩しそうです。毎年こんなんでしたっけ?

堀 正岳:こんなものですw

野間 恒毅:体調不良ですw

い:こんなものかー

野:弱っているんですよ、我々

い:あー、そういうことか(笑)。で、この時期といえば受験生は追い込みですな、こたつに入って、勉強しようとして、そのままつっぷして寝た記憶しかありませんがw

堀:こたつ、それは作業が止まる場所

野:こたつは勉強する場所ではありませんww

野:寒いなかブルブル震えながら机に向かう。吐く息は白い、部屋の中なのに。これが昭和の受験戦争w

い:たしかにw。で、平成の!いや令和の!勉強法の話です

い:これ、はじめてみたとき、時代は変わったなあと思いましたよ。iPad2台で勉強、、、ひと昔前なら大富豪かよ!ってツッコミがきそうですが、今だと現実味がありますね

堀:一台の iPad は自炊した教科書をみるため、もう一台はメモを GoodNotes でとるためなんですね

い:今や、いちばん安いiPadって34800円ですからね

野:私が最初にかったパソコンはMZ-2000ですが、28万円しました。iPadが34800円? 安い安いw。ポケコンが5万9800円の時代w

い:そうなんですよ、安い。この記事の中に本の山が出てくるんですが、それを全部2冊買うのといい勝負なんじゃないかと

野:参考書高いですからね

堀:そうか、しかも最近は同期で苦労することがないから、2台で同じドキュメントをひらいて片方にメモするともう片方にも反映されるわけですね。問題と答えをみてもいいし、別の資料をみてもいいし、発想が柔軟だ..

い:ここで大事になってくるのがGoodNotesというアプリなんですが、私は初期にちらっといじっただけで、だいぶ進化してたみたいですね

堀:この記事をみて、最近使っていなかったので GoodNotesをもう一度つかってみたんですよ。以前は Apple Pencil がなくてスタイラスで操作するのがいまいちだったのですが、それが Pencil だと見違えるようでした

い:あー、そうだったか

堀:メモ、消しゴム、メモ、消しゴムと瞬時に持ちかえられますし、瞬時にペンの色をかえたりズームしたりと、自由自在。こんなに便利になっていたのか!と驚きました

い:このだすまんさんの場合、GoodNotesにPDFを読み込ませているということなんですよね

堀:それで、真似して論文の PDF を取り込んで GoodNotes で書き込みながら読んでいたのですが、一昔前だと「できるけど、面倒だねえ」と思っていた場所が「できますが、なにか?」くらいになってましたw

い:だはは

堀:素直に認めましょう。おじさんは遅れてました

い:メモもクラウドで同期ですしね

堀:iCloud の安定性も格段に上がりましたし、iOS13 でフォルダなどもつかえるようになりましたから、もう本当にこれでよいです

い:あと、あれですよね。徹底的に効率化を求めるときって、まったく同じものが2個あると、ホントはかどりますよね。iPadのサイズが違ったり、ベゼルが違うだけでもう効率落ちる

堀:そうそう。画面が広くなればいいというのではなくて、同じものを2つ用意することで運用が広がるんですよね。なんかこう、ScanSnapの影が薄いのですが、それでいいんですよねw

野:いやいやいや

堀:縁の下を支えている感じがいいなと

い:いや、それがちゃんと記事の中にScanSnapに関するコメントがありましてね。文章に切れ目がないので長いですけど、とても大事なことが書いてあります

ScanSnapはすごいと思ったのが、予備校に通っていた頃のクタクタになった教科書もスムーズにスキャンできたこと。 書き込みだらけで、破れたところをマスキングテープで留めてあるような状態なのに、何の問題もなくリアルに読み取れたのには驚きました。 こうしていろいろなものを自炊したおかげで、海外に短期留学したときもiPadひとつでしっかり勉強できましたし、 個別指導している生徒から質問があったときに自分の予備校時代の書き込みを見せて説明できるし、新幹線の中でも本格的に勉強できるし、いうことなしです

い:過去のノートが復活するって、すげえいい話。しかも、それを今!当時の自分と同じ苦労としている人と瞬時に共有できる

野:大学時代、とったノートをコピーしまくっていたんですけど、スキャンして共有なら一瞬ですな

い:そうなんですよ

堀:ちょっと古い思考だと本や書類がスキャンできていて、ファイルが同期していればいいという具合にかんがえるわけですが、だすまんさんは、そのファイルの上にとった書き込みや行動を同期しているんですね。これは強い

い:そうそう、スキャンしたことで、レイヤーができてるんですよ。昔、予備校いってたときに、英語で伸び悩んでまして、今でも覚えているんですが、初回の講義で「きょうやるのは名文中の名文だから、これ20回やれば絶対に成績上がる」と言われて、そんな簡単に上がってたまるかよ!って思ったので、20回やってみたんですよ。結果笑いますよ、偏差値20上がりました(笑)

野:2シグマ!

い:1ヶ月で偏差値20上がってしまったので、残り11カ月は毎日モーニング食べながら喫茶店で本を読んでました。いい思い出です(笑)

堀:結局、一度頭をくぐらせた経験をどうやって、もう一度引き出すかということなんですね。それには書いた記憶が手近にないといけないのか

い:そうそう、そのパターンをどう引き出すかって話で、受験勉強の英語程度なら、20回やれば身になるわけですが、医学とかそういうわけにはいかない(笑)。しかもアップデートされていくわけだし、なので、最初このだすまんさんの記事を読んだときには、なんつー富豪的アプローチと思ったんですが、よく読んでみると、これむしろ安いわと(笑)

堀:正しいリソースの使い方ですね

い:問題はiPadをアップデートするとき、常に2台セットということぐらいでしょうか(笑)

堀:ちょっと iPad Air 買ってこようかな…

 

い:で、ScanSnap話を続けます。これ、前からプロジェクトが動いていたのは知ってたんですが、ぶうびんポストです

い:こっちの方がいいか

堀:これはいったいw

い:これ、要するに中にScanSnapが入ってます(笑)

堀:ヤギではなくブタなんですね

い:なぜブタなのかはなぞですw

野:ぶうぶう、ゆうびんからのぶうびん。音で選びましたかね。もしくはヤギだと食べられて中身が届かないから困るとかw。で、これってFAXの進化版ですよね?

い:たしかに(笑)、メールじゃなくてLINEに送るってのもなるほどなと

「ぶうびんポスト」は、お絵かきが大好きなわが子のために作ったブタさん型ポスト。書いた手紙を口に入れて、鼻のボタンを押すと、ブタさんが手紙を食べてパパママにLINEで届けてくれます。ブタさん型のダンボール箱の中にScanSnapとRaspberry Piが内蔵され、スキャンしたお手紙をLINEに送ってくれます。 尚、「ぶうびんポスト」のダンボール組み立てキットは、株式会社バード電子の協力を得て設計・製造いたしました。

い:ScanSnapとラズパイなんだ

野:小さくしたかったわけですね

堀:この季節、サンタへの手紙を送るポストとかありますから、そういうのに応用してリアルタイムで LINE@ が反応してくれたりしたら面白そう

い:いきなり売りますよ!ではなく50名限定でモニター募集というのもいいですよ

堀:手作り感あっていいですね

野:これすごいのは、ローテクというかレトロフィットなんですよね

い:ですねえ

野:子供にいきなりiPadで絵をかいてもらえば別にできる話なんですけど、あえてお絵描きという手触り感のあるやり方をそのままに、実現しちゃうという

い:うちの子はすっかりお絵かきもお手紙も書いてくれなくなってしまったんですが、小学校前のお子さんのいる家庭だと、これは機能しそう。いや、機能とか考えたらダメかw

堀:あと、送信するという行為はふつう大人がやるところを、子供のアクションにしているところもミソなんでしょうね

い:あー、なるほど。たしかにそこ大事ですね

堀:子供に iPod touch 与えると、異常なまでにむだな写真をとってくれますが、大人が制御しているとそういう無茶ができないのでw

い:だはは。自発的にやらせることが大事ってのもわかる話だ。さて、最後です、イベントの告知です

堀:おっ

 

い:HHKBミートアップ3です

野:ほうほう、前回ってどんなでしたっけ?

い:こっちが初回の記事

い:前回はこっち。とにかく異様だったのは、和田先生にHHKBにサインをもらう人が多すぎだったこと(笑)

堀:自作キーボード作っている人?と聞かれてやたらと手が上がったのも印象的だったw

い:そうそう

野:変態紳士の集いかww

い:前回は、REAL FORCE R2のPFUエディションの発表と同時開催だったので、今回もなにかPFUから発表されるんじゃないかと思います

野:アイドルが来るかもしれませんね

堀:この一年でなのですが、Kickstarter にやたらとキーボードのプロジェクトがでてくるようになりましたよね

い:いやあ、すごい数です(笑)

堀:だいぶ似たりよったりなのですが、なかにはすべてのキーを取り外して好きに配置できるやつとか、ちょっとおかしなものも増えてきた

い:そんな中、本家おかしなキーボードであるHHKBはどうするんでしょうね

堀:ここはやっぱり HHKB パイセンに締めてもらわないと

野:変態度で上回ってもらわないとですね

い:イベントは私も参加する予定なので、みなさんもぜひ現地で

堀:私も参加します!

 

[タニマチPR] ScanSnap整理収納プレミアムパートナーはデジタル整理の夢を見るのか?

投稿日:

いしたに まさき:乾燥がきつくて、紙で手を切ることも増えてきた中、みなさんいかがお過ごしでしょうか

野間 恒毅:乾燥肌で毎日カサカサ、かゆいです

い:大人になって手を切るとダメージでかくて困ります

堀 正岳:あれ地味にショックですよ、なぜ紙で切ったくらいなのに治らないんだという…w

い:子供のときは数時間がくっついてたのになあ

野:いやだから華麗なる加齢ですよ

い:加齢かあ。で、12月も見えてきたので、大掃除の季節でもあります。ああ、いやだ

野:大掃除もいやだし、寒いのもいやだし

堀:かくていしn…

い:やめろ!!!

堀:まだだ!まだ考えない!

野:年末調整忘れてた!

い:で、そんなダメなわれわれの対極にあるようなみなさんが、整理収納アドバイザーのみなさんです。PFUおかしいです、ほぼ全国にいます(笑)

▼ScanSnap 整理収納プレミアムパートナー

ScanSnap 整理収納プレミアムパートナーは、プリント・書類のデジタル整理収納について精通し、ご家庭をより快適な空間へと導く「プロフェッショナル」です。

野:どういうことですか!

堀:かわりに整理してくれるわけではなさそう!

い:PFUからの説明を引用しますね。要するに片付けも進化しろって話です

ScanSnap整理収納プレミアムパートナーは、個々人がPFUとパートナー契約を結んでおり、スマホアプリやScanSnapを使った書類・写真などのデジタル整理セミナーや、ScanSnapを使った片付けコンサル、セットアップフォローなどを実施しています。

野:こんまり!

堀:Spark joy してる場合じゃねえ

い:やっぱ、そっちに話がいくか(笑)

野:まあ旬ですからw

い:でもね、これ話の経緯けっこうおもしろくて、ちょっと長いけど説明しますね。ハウスキーピング協会というのがありまして、整理収納アドバイザーの元締めですね。そこがシンプルスタイル大賞というのをやっているんです。ScanSnapは何度も受賞してます

シンプルスタイル大賞受賞歴

    • ScanSnap iX1500(2018年 特別賞)
    • Omoidori(2016年 金賞)※最高賞
    • ScanSnapシリーズ(2015年 特別賞)

堀:へええ

い:で、こういうところはイベントもやってるんです。整理収納フェスティバルというんですけど。賞もくれたので、半信半疑で出展したらしいんです

堀:半信半疑w

い:そしたらイベントでiX100の白が飛ぶように売れたそうです(笑)。要するにそんなイベントにくるような人たちなので、片付け意識は高いわけです。われわれとは違う(笑)

野:片付け意識高い系!

堀:そうか、IT 系の人にはすでに発見されていたけれども、整理整頓という入り口だとまだ見つけていない人もいたんですね

い:そうそう、まさにそこで。みなさんは普通の片付けは攻略済なんですよ。最後の砦が書類とか写真の整理であったと

野:主婦がITに戦線拡大かー

堀:そこにScanSnapという新しい武器を持って商人がやってきたとw

い:だから、イベントへの出展もずっと続いていて、さらに一歩進めたのがScanSnap 整理収納プレミアムパートナーというわけです。だから、さっきの「ScanSnap 整理収納プレミアムパートナー」をもう1回見直してみるとそれぞれみなさんなにができるのかちゃんと書いてある。これはすごいと思いました

堀:うちの奥さんも収納で悩んでいて、プロに相談したいという話はときどきしているのですが、いきなり連絡してみるのはなかなかハードル高そうw

野:ですよねえw

い:そうそう、だからここはそういう収納の相談にScanSnapをからめた窓口になっているわけです、PFU公認ということですね

堀:なるほど

野:これは一度いしたにさんが体験をw

い:え、おれですか

堀:どうぞどうぞ

野:どうぞどうぞ

い:というか、全員ですよ

野:え

い:なに他人事みたいなこと言ってるんですか。どうせ全員たいがいなことになってるでしょ

堀:あっ

野:むしろまず普通の収納片付けからスタートすべきレベル

い:たぶん呆れられるか、超怒られるかのどっちか

堀:まあその、得意なところは ScanSnap ですごい勢いでスキャンするのですが、やはり苦手なものがあって、それって人によって違うんでしょうね

い:ああ、なるほど。苦手領域のあぶり出し

堀:そういうところについて、いろいろな人の話を聞いているプロフェッショナルから意見を聞けると発想が広がるかもしれないというのはある

い:では、まず堀さんから

堀:えっ。むしろ私、大学教員向けの ScanSnap コンサルできそうって、さっき見ていて思ったw

い:あ、なるほど。堀さんはむしろさっきのところに入る人なのか

堀:積み上がった書類が雪崩を打って崩れる書類流を何度もみています。教授の OHP シートを何百枚もスキャンしたこともw

野:雑誌編集部にもいけそう

い:まあ、うちもそんなもんなんですが、ScanSnapあるだけで紙は確実に消せます。それだけは断言できる。今、気づいたんですが、私の目に見える範囲には、とりあえず書類の山はないですね。少しは成長してた!

野:ScanSnapのおかげ!

堀:周囲をみて書類が山がある人は整理収納アドバイザーにいますぐお電話!

い:そして、それを狙ったかのように、ScanSnapのキャンペーン実施中です。

▼ScanSnap 冬のボーナスキャンペーン

野:ボーナスいいなあ

い:1万円の金券が100名様に!

野:金券いいなあ

堀:100名とはなかなかすごい。ボーナス? 知らない子ですね…

い:たしか以前のキャンペーンはいろんな商品があったはずなんですが、今回は現金で殴りにきましたね

堀:しかも新年明けてからも続くんですか。

い:11/26から1/13までですね

堀:初売りはどうなるんだw

い:初売りはそれはそれで別途やるのでは?、毎年おかしな初売りやってるし(笑)

堀:大掃除はScanSnap の書き入れ時ですからね

野:まさにシーズン到来。鍋の季節はScanSnapの季節

い:ああ、それはいいフレーズですね。採用してもらいましょう。というか、次回はもう12月ですわ。激動の2020年がやってきますよ

野:オリンピックイヤー

い:40代最後の年かああ、おれ。がんばろう2020

野:もう頑張りたくないオーバーフィフティ。好きに生きるしかないw

堀:煩悩は師走のうちにすべてスキャンしておきましょう

野:108枚スキャンします

い:いいですね、煩悩スキャン

野:煩悩も部屋も書類も年内に片付けましょう

 

[タニマチPR] 業務機スキャナーfi-800Rから見えるメーカーのすごさと生霊??

投稿日:

いしたに まさき:今年も静電気のきつい季節になってまいりましたね。パチ!

野間 恒毅:パチパチパチーー

堀 正岳:パチパチバチ−

い:さて、今月なんですが、先月fi-800Rについて、いろいろとあり、レビューしきれなかったので、その話です。みなさん忘れているかもしれないので、まずは動画をどうぞ。あいかわず、いろいろとおかしなスキャナーです。業務機だからおかしいとかそういうレベルではない(笑)

堀:こちら1台レビュー用にPFUから届きまして、実際に開いてみたのですが、なるほどおかしいです(笑)

映画観てきた:反則スレスレ……だけど感動的な名シーン『イエスタデイ』

投稿日:

世界中の誰もが知ってるビートルズのことを、突然誰も知らない……とうい世界線に迷い込んだ主人公の話。

主人公のジャックは、幼なじみのエリーに献身的にサポートされる売れないシンガー・ソングライター。しかし、彼はまったく売れず、エリーに捨てゼリフを吐いて、ひとり自転車で帰る。

と、その時、世界的に12秒間の大停電が起き、その瞬間に交通事故にあった、ジャックは『ビートルズ』(と、オアシスと、コカコーラと、タバコと、ハリーポッター)のない世界線に迷い込んでしまう。

彼が、演奏するビートルズの曲に驚く人たちに味をしめて、ジャックはビートルズの曲を自分の曲のように発表しはじめるが……。

……というところまで聞くと、かわぐちかいじのコミックス『僕はビートルズ』を思い出す人も多いだろう。そんな話にも触れながら、この映画をご紹介しよう。

[タニマチPR] 最新技術を披露するCEATECとHHKBのグッドデザイン・ロングライフデザイン賞受賞のうれしさ

投稿日:

いしたに まさき:今月もPFUは展示会もドンドンドンのコーナーがやってまいりました。ということで、今月はCEATECです

堀 正岳:いつも読み方を迷うシーテック!

野間 恒毅:パフパフパフー

い:で、そのCEATECなんですが、西田さんの記事が出てまして、とりあえず20周年ってのにびっくりです

野:サムネがぐろいw

堀:なんだか今年はいろいろ見どころあったそうですね

映画見てきた:『JOKER(ジョーカー)』はあなたの心の中にいる

投稿日:

賛否両論、毀誉褒貶入り交じる映画だ。

非常に簡単にいえば、マーベルコミックとともにアメコミ界の双璧を成すDCコミックの『バットマン』の悪役『ジョーカー』誕生の秘密を描いた、サイドストーリーもの。

しかし、それほどシンプルな映画ではない。むしろ『バットマン』の設定をまとった社会派映画というべきか。

主人公アーサー・フレックは、ゴッサムシティに病んだ母親と一緒に暮らす青年。興奮すると感情に関わらず大声で笑い出してしまうという精神的な病にかかっており、常に鬱っぽい。失業率が高く、社会格差が大きなゴッサムシティの下層におり、古びたマンションに住み、ピエロの仮装をして、看板を持って街角に立つのが仕事だ。

街の少年たちは彼をからかい、暴力を振るい、彼はクビになり、街行く人にさえ疎まれ、さげすまれる。そして、病んだ母の妄言はなんの救いにもならず、彼はさらに病んでいき、ダークヒーロー『ジョーカー』へと向かっていく。

……という感じなのだが、見終わってからよく考えてみると、ことはそれほど簡単ではない。

(以下、多少のネタバレを含みます)

YouTubeで逢えるアイドル #23:ライブ顔負けの声援が飛ぶトークイベント「渋谷LOFT9アイドル倶楽部 vol.8」

投稿日:

vol.8を数えた「渋谷LOFT9アイドル倶楽部」、今回もお邪魔しました。
このイベントで大切なのは、司会のよっぴーさんも言われるように「お客は優しいバカになる」ということ。壇上のアイドルたちをとにかく優しく見守り、難しいことを考えずに笑うといことが大切です。まるで久しぶりにあった姪っ子と接するような態度が大切なのです。

テラシマユウカは裏切らない【写真62枚】 #ギャンパレ

投稿日:

「テラシマユウカは裏切らない」
大抵、こんなものはヲタクのありがちな発言であってTwitterの濁流に飲まれていくべきものだ。だって、あらゆるアイドルヲタクは自分の推しこそはという気持ちで普段接しているに決まっているわけだし。
でも、あえて言おう。やっぱり、テラシマユウカは裏切らないと。そういう気持ちにさせてくれる人間なんだ、彼女は。

ふんわりとろける28-70mm F2.8「AT-X270 PRO」のお味:ネオクラシックレンズのススメ #レンズ沼 #さらざんまい

投稿日:

古くからのカメラ男子が目をキラキラさせながらフォーカスをあわせちゃうレンズに、大三元レンズというものがあります。これは広角ズーム、標準ズーム、望遠ズームの3本すべての明るさがF2.8で、いわばロト装備のようなもの。(特に)報道カメラマンが使うことが多かったレンズで、「この3本があれば、どんなシチュエーションでもだいたい撮れる」。そんなつよいレンズなんですね。

アマチュアの方にとってもメリットあり。絞りを開放にすれば前景も背景もボケやすいから、自分の好みの世界観を描けやすいんですよね。

しかし、高い。カメラメーカーの純正品だと、だいたい1本20万円はします。かける3でおいくらになるでしょう? 目を背けたくなる数字になるでしょう? こんなの、おかーちゃんに知られたらどうなるとお思いですか!

だからこそお伝えしたい。90年代くらいの同等スペックのネオクラシックレンズだったら、お安くお手に取れますよって。

ケンコー AT-X 270 AF PROのヤフオク相場は1万円くらい

今回ご紹介したいのは、日本のレンズメーカーの1つ、トキナーが90年代に発売していたAT-X 270 AF PROです。キヤノンEFマウント、ニコンFマウント、ミノルタ(ソニー)Aマウント、ペンタックスKマウント用が用意され、28-70mm F2.8の標準ズームにしては割安な10万円を切る価格でリリースされました。

僕はヤフオクで、フィルター枠が歪んでいるミノルタ用を5000円くらいでゲットしましたが、完動品でもだいたい1万円くらいで落札できるみたい。

さてこのレンズ。F2.8と明るめですが、開放で撮るとえらい癖玉です。「やっべ、まずいもん買ったか」と思う方もいるはず。

α7RII&LA-EA4で撮ってみましたが、きみ、ほんとにピント合わせてる!?ってくらい、ハニーすぎる。げきあま。

うははは。どういうことなの。君のAFはどこを見ているの。

ところが、アンダーめにするとこれがなかなか味わい深い。

輪郭がぶっとい被写体をグッと浮き立たせる解像力はお持ちの様子。そして背景のボケ。玉ねぎボケをそうとは感じさせないくらいになめらかに光を飽和させています。

あー。ふーん。ほー。なるほどなるほど。

コイツはアレだ。RAWで撮って、現像でいろいろやらかしたほうが楽しいレンズだ。アンダーで撮りながらハイキーにまとめちゃうとか。

開放だと合焦している部分がわからないくらいにピントが薄いし、光が外側に逃げていく収差のクセもある。AF時代のレンズですが、MF時代のクセ玉と同じ感じで捉えればいいとみました。

 

Lightroom CCで色収差やパープルフリンジをなくしたりしていたときに気が付きましたが、合焦部の情報量は豊かなんです。ただし白飛びしやすい。だから10年くらい前まで、デジカメダイナミックレンジが低かった時代は「ピーキーすぎてお前にゃ無理だよ!」レンズとして捉えられちゃったんだろうなあ。

なおこのレンズは、シネレンズの名家であるAngenieux(アンジェニュー)のAF28-70mm F2.6のベースモデルになったとのお話もあり。ODMかOEMかはわかりませんが、この逆光耐性のなさが背景の情報量を減らして整理してくれる効果を生んだんじゃないかなあ。

前玉デカいしフィルター系77mmだしメタルボディだし、何がいいたいかっていうとえらく重いし。そして近接撮影が無理だし。使い勝手は悪いのですが、キッチリクッキリなシャープさを求めない方であれば、貴方にとっての大三元レンズになりえる1本だと思いますよ。