映画観てきた:反則スレスレ……だけど感動的な名シーン『イエスタデイ』

投稿日:

世界中の誰もが知ってるビートルズのことを、突然誰も知らない……とうい世界線に迷い込んだ主人公の話。

主人公のジャックは、幼なじみのエリーに献身的にサポートされる売れないシンガー・ソングライター。しかし、彼はまったく売れず、エリーに捨てゼリフを吐いて、ひとり自転車で帰る。

と、その時、世界的に12秒間の大停電が起き、その瞬間に交通事故にあった、ジャックは『ビートルズ』(と、オアシスと、コカコーラと、タバコと、ハリーポッター)のない世界線に迷い込んでしまう。

彼が、演奏するビートルズの曲に驚く人たちに味をしめて、ジャックはビートルズの曲を自分の曲のように発表しはじめるが……。

……というところまで聞くと、かわぐちかいじのコミックス『僕はビートルズ』を思い出す人も多いだろう。そんな話にも触れながら、この映画をご紹介しよう。

[タニマチPR] 最新技術を披露するCEATECとHHKBのグッドデザイン・ロングライフデザイン賞受賞のうれしさ

投稿日:

いしたに まさき:今月もPFUは展示会もドンドンドンのコーナーがやってまいりました。ということで、今月はCEATECです

堀 正岳:いつも読み方を迷うシーテック!

野間 恒毅:パフパフパフー

い:で、そのCEATECなんですが、西田さんの記事が出てまして、とりあえず20周年ってのにびっくりです

野:サムネがぐろいw

堀:なんだか今年はいろいろ見どころあったそうですね

映画見てきた:『JOKER(ジョーカー)』はあなたの心の中にいる

投稿日:

賛否両論、毀誉褒貶入り交じる映画だ。

非常に簡単にいえば、マーベルコミックとともにアメコミ界の双璧を成すDCコミックの『バットマン』の悪役『ジョーカー』誕生の秘密を描いた、サイドストーリーもの。

しかし、それほどシンプルな映画ではない。むしろ『バットマン』の設定をまとった社会派映画というべきか。

主人公アーサー・フレックは、ゴッサムシティに病んだ母親と一緒に暮らす青年。興奮すると感情に関わらず大声で笑い出してしまうという精神的な病にかかっており、常に鬱っぽい。失業率が高く、社会格差が大きなゴッサムシティの下層におり、古びたマンションに住み、ピエロの仮装をして、看板を持って街角に立つのが仕事だ。

街の少年たちは彼をからかい、暴力を振るい、彼はクビになり、街行く人にさえ疎まれ、さげすまれる。そして、病んだ母の妄言はなんの救いにもならず、彼はさらに病んでいき、ダークヒーロー『ジョーカー』へと向かっていく。

……という感じなのだが、見終わってからよく考えてみると、ことはそれほど簡単ではない。

(以下、多少のネタバレを含みます)

YouTubeで逢えるアイドル #23:ライブ顔負けの声援が飛ぶトークイベント「渋谷LOFT9アイドル倶楽部 vol.8」

投稿日:

vol.8を数えた「渋谷LOFT9アイドル倶楽部」、今回もお邪魔しました。
このイベントで大切なのは、司会のよっぴーさんも言われるように「お客は優しいバカになる」ということ。壇上のアイドルたちをとにかく優しく見守り、難しいことを考えずに笑うといことが大切です。まるで久しぶりにあった姪っ子と接するような態度が大切なのです。

テラシマユウカは裏切らない【写真62枚】 #ギャンパレ

投稿日:

「テラシマユウカは裏切らない」
大抵、こんなものはヲタクのありがちな発言であってTwitterの濁流に飲まれていくべきものだ。だって、あらゆるアイドルヲタクは自分の推しこそはという気持ちで普段接しているに決まっているわけだし。
でも、あえて言おう。やっぱり、テラシマユウカは裏切らないと。そういう気持ちにさせてくれる人間なんだ、彼女は。

ふんわりとろける28-70mm F2.8「AT-X270 PRO」のお味:ネオクラシックレンズのススメ #レンズ沼 #さらざんまい

投稿日:

古くからのカメラ男子が目をキラキラさせながらフォーカスをあわせちゃうレンズに、大三元レンズというものがあります。これは広角ズーム、標準ズーム、望遠ズームの3本すべての明るさがF2.8で、いわばロト装備のようなもの。(特に)報道カメラマンが使うことが多かったレンズで、「この3本があれば、どんなシチュエーションでもだいたい撮れる」。そんなつよいレンズなんですね。

アマチュアの方にとってもメリットあり。絞りを開放にすれば前景も背景もボケやすいから、自分の好みの世界観を描けやすいんですよね。

しかし、高い。カメラメーカーの純正品だと、だいたい1本20万円はします。かける3でおいくらになるでしょう? 目を背けたくなる数字になるでしょう? こんなの、おかーちゃんに知られたらどうなるとお思いですか!

だからこそお伝えしたい。90年代くらいの同等スペックのネオクラシックレンズだったら、お安くお手に取れますよって。

ケンコー AT-X 270 AF PROのヤフオク相場は1万円くらい

今回ご紹介したいのは、日本のレンズメーカーの1つ、トキナーが90年代に発売していたAT-X 270 AF PROです。キヤノンEFマウント、ニコンFマウント、ミノルタ(ソニー)Aマウント、ペンタックスKマウント用が用意され、28-70mm F2.8の標準ズームにしては割安な10万円を切る価格でリリースされました。

僕はヤフオクで、フィルター枠が歪んでいるミノルタ用を5000円くらいでゲットしましたが、完動品でもだいたい1万円くらいで落札できるみたい。

さてこのレンズ。F2.8と明るめですが、開放で撮るとえらい癖玉です。「やっべ、まずいもん買ったか」と思う方もいるはず。

α7RII&LA-EA4で撮ってみましたが、きみ、ほんとにピント合わせてる!?ってくらい、ハニーすぎる。げきあま。

うははは。どういうことなの。君のAFはどこを見ているの。

ところが、アンダーめにするとこれがなかなか味わい深い。

輪郭がぶっとい被写体をグッと浮き立たせる解像力はお持ちの様子。そして背景のボケ。玉ねぎボケをそうとは感じさせないくらいになめらかに光を飽和させています。

あー。ふーん。ほー。なるほどなるほど。

コイツはアレだ。RAWで撮って、現像でいろいろやらかしたほうが楽しいレンズだ。アンダーで撮りながらハイキーにまとめちゃうとか。

開放だと合焦している部分がわからないくらいにピントが薄いし、光が外側に逃げていく収差のクセもある。AF時代のレンズですが、MF時代のクセ玉と同じ感じで捉えればいいとみました。

 

Lightroom CCで色収差やパープルフリンジをなくしたりしていたときに気が付きましたが、合焦部の情報量は豊かなんです。ただし白飛びしやすい。だから10年くらい前まで、デジカメダイナミックレンジが低かった時代は「ピーキーすぎてお前にゃ無理だよ!」レンズとして捉えられちゃったんだろうなあ。

なおこのレンズは、シネレンズの名家であるAngenieux(アンジェニュー)のAF28-70mm F2.6のベースモデルになったとのお話もあり。ODMかOEMかはわかりませんが、この逆光耐性のなさが背景の情報量を減らして整理してくれる効果を生んだんじゃないかなあ。

前玉デカいしフィルター系77mmだしメタルボディだし、何がいいたいかっていうとえらく重いし。そして近接撮影が無理だし。使い勝手は悪いのですが、キッチリクッキリなシャープさを求めない方であれば、貴方にとっての大三元レンズになりえる1本だと思いますよ。

[タニマチPR] 業務機スキャナーでパスポートスキャンへの狙い撃ちから見えてくるPFUの匠の技

投稿日:

いしたに まさき:みなさん、もうfi-800Rの機能紹介動画は見ましたか?

野間 恒毅:見ましたよ、金髪三つ編み美人を

堀 正岳:見ましたよ。このfi-800Rって、ScanSnap の動画と明らかに違うのが、複数の種類の書類、10枚くらいをすばやく処理するという、まさに窓口でのフローを意識した設計になっているんですね

い:そうそう。現場を想定した設計になってますよね

堀:パスポートなんかは、客に入れてもらってもいいなこれ

い:最初から業務フローの一部をカバーすることを意図しているんですよ。だから、実はプロファイル切り替えとかのボタンはあえてないんです

堀:フローを止めないようにして、スキャンした先でデータは業務別に処理すればよろしいと。なるほどなあ

い:紙はやっぱりなくならない、でも仕事の中で自動化はどんどん進んでいくというのが世間のトレンド。だから、製品紹介のページにもしれっとこんなことが書いてあります

スキャナードライバ「PaperStream IP」には、「身分証表裏判別機能」を搭載。パスポートやIDカードにある顔写真を基に原稿の表裏を自動で判別。表裏逆向きに読み取った場合でも、自動的にイメージデータを入れ替えて顔写真のある表面を1枚目に出力します。イメージキャプチャリングソフトウェア「PaperStream Capture」には、「MRZ認識機能」を搭載。パスポートに含まれるMRZをOCRし、旅券番号や氏名、国籍など情報をメタデータとして抽出しインデックス情報として出力できます

野:完全にパスポートと免許証狙い撃ち機能ですねえ

堀:パスポートの情報絶対スキャンするマシンだw

い:外だと「ユー、とりあえずパスポート出せ」って状況けっこうありますよね

堀:飲み屋ですら、外国人はパスポート出さないといけないことありますし

野:パスポートあずかられるよりも、スキャンされたいなあ

堀:あと、この表裏逆でもイメージを入れ替えてデータ上は正しくしますよというところが、いかにもPFUが考えそうなことでファンとしてニヤニヤしてしまう

い:スキャンデータもCSV化してくれるので、外部ソフトウエアとの連携も可能ですよと。だから、やっぱこいつは業務機なんですよ。あと、笑ったのがこれ。え?組み込み??って、その場で言っちゃったもんw

https://twitter.com/masakiishitani/status/1174151137668108288

堀:組み込みwww

野:何に組み込むの??

い:私は想定もしてなかったんですが、組み込み考えると、ここでもフットプリントが小さいのは正義なんですよ

堀:病院の処方箋提出装置とか、市役所の出張所とかでのキオスクとか、なんか作るつもりだなw

い:私が思ったのはですね。ほら、なんか自動でうごく船とか作ってる人いるじゃないですか

堀:ああー、いますね

野:ここにいます

い:そういう船が港に着くわけですよ。そうすると波止場のおやじから無慈悲にも紙の伝票を出されるんですよ、まじかと。でも、スキャン機能があれば大丈夫!

野:まじか、ありがとうPFU!

い:そしてデータだけが送られてくるという未来

堀:すごいなそれw、ハイテクなのかローテクなのかわからないスターウォーズ感がある

い:そうそう、それそれ。夢がありますよ

野:まあ人間がフィジカルな存在だから、人間が電子化されない限り、スキャナーは永遠にありつづけるのか

い:ホントそうなんですよ。で!ScanSnapアンバサダーとしては、この超絶な業務機の機構がいつScanSnapにくるのって話がありますな

堀:おっ

野:ふぁっ

い:一応、会場で確認したんですが!「乞うご期待」とのことです

野:それ完全にフラグw

堀:これは開発してるな…

い:あはは

堀:だからあの会社好きなんですよ。普通はネタ振りに耐えられない

い:だから、ホント紙は消えないので、いかにすばやく確実に効率的に誰でもスキャンできるかってのが大事で、そこに向けてまだまだやることはあるんだなあと

堀:これはネタ振り頑張らないとな…

 

い:あと、これなんだかわかりますか?

堀:しっぽ?

野:ひげ?

い:う、ひげっぽいこれなんですけど。これが気になったので、これなんですか?って聞いたら、紙をスキャンするとどうしても静電気が発生するので、静電気をこのひげみたいので取り除いているんだそうです。そうしないとスキャン後に紙がまとわりついてしまうんだそうです

堀:細かいww、でも、そうしないと窓口が止まるというケースが有意にあるのかな?

い:私も会場で「うわ、そんなことまでやってるんですね!」と言ったらですね。「え、ScanSnapにもついてますよ」とwww。しらねーよ!!

堀:あ、あの刷毛みたいなやつ!そうだったのか!

い:ScanSnapの場合はふた開けて、奥の方についてるので、使っているとほぼほぼ見えないんですよ

堀:ほんとだw

い:なんか開発者の気概みたいなものを感じますよね。そんなことは昔からやってますけど的な

堀:このfi-800Rは、業務用ですけど家庭で使う猛者はいるんでしょうか?

い:ああ、そうきますよね

堀:あのトレーが動いているところはさすがにみないことには信じられないw

い:わかりますわかります。会場で見ていても、最初の何度かはよく意味がわからなかったですからね。ということで、堀さんの家にも届くように手配しておきました

堀:ちょ(笑)

野:なんとww

堀:家庭でパスポートスキャン!家庭で窓口業務!

い:家庭のどこにおいてどう使うんですかねえ

堀:なにか発見がありそうなので、届いたらいろいろ試します!

野:堀さんが薄くなってスキャンされてほしい!

い:ということで、来月をお楽しみに!

 

[タニマチPR] あのまぼろしのスキャナーついにリリース。またPFUが頭のおかしなスキャナー出したっていうありふれた結論に驚愕する

投稿日:

いしたに まさき:今月もPFUでゴーゴーゴーのコーナーがやってまいりました

堀 正岳:ゴーゴー!

野間 恒毅:まだ夏休みとってないんですが

い:夏休みという概念の問題ですか、それは。はたから見れば、のまさんは毎日夏休みにも見えます

野:ちょ!

堀:いつも海にいますものね!

野:ブラック企業のように土日なく働かされているのに!

い:海とF1とバイクしか情報がないから仕方がないです、湘爆かよ!

野:湘南に住んでたし、、、いしたにさんだってはたからみれば仕事してないように見えます

堀:人生は夏休みですね

い:おれも夏休み欲しいなあ

野:仕方ないので夏休みを正月にとります

い:夏休みの定義と概念の問題はクリアされませんね。で、ありもしない夏休みの話はその辺にして!かれこれ3カ月前ぐらいになりますかね。PFUのITフェアでまぼろしのスキャナーを見たという話をしましたね、覚えてますよね

孤独のチェーン飯28:ひさしぶりに食べたら超ド級のウマさに驚いた!東京チカラめし「元祖 焼き牛丼」

投稿日:

たしかに一時期はものすごい勢いでした。

でも、いつのまにか数が減ってしまって。

正直なところ、ほとんど忘れかけていました……。

そんなわけで、すっかりごぶさたしてましたけど。

本当に、本当に、ひさしぶりに行ってきましたよ。東京チカラめしに。

東京チカラめしーーかつて空前の「焼き牛丼」ブームを巻き起こしましたね。あっという間に、あちこちにお店ができて。しかも、どこもいっつも混んでいて。いやもう、本当にすごかったものですけどねえ……。

焼いて焼いて、焼かれて焼いて、燃え尽きちゃったんでしょうか。

その当時は全国各地に100店舗ぐらいあったみたいですけど、次々にお店がなくなって。いまは東京や大阪に8店舗あるだけになってしまったというお話です。

その数少ないお店のひとつに、たまたま通りかかりまして。ひとつひさしぶりに食べてみるか、と思い立ったわけです。

で、食べてびっくり、うまいの何の! 思わず「こんなにおいしかったっけー!?」と叫びそうになりました。