映画見てきた:映画好き必見の怪作『カメラを止めるな!』が大ヒットした真実の理由

投稿日:

たった300万円の予算で、ほぼ無名の監督が、無名の俳優、スタッフを集めて、ワークショップなどを経て作った自主製作に近いインディーズ映画が、日本各地や、世界の数多くの賞を受賞し、最初たった2館での上映から始まり、8月初旬現在で100館以上で上映されている。おそらくこれからも上映館は増え続けるだろう。

昨年の『この世界の片隅に』も、クラウドファンディングで予算を集めるような低予算から始まり、ロングラン上映する大ヒット作になったが、監督の事前の評価、予算規模、上映館の数からいっても、爆発での拡大率は本作の方が大きい(どちらが良いという話ではなく、比率の話)。まさに、歴史に残る異常事態だ。

しかし、本作の内容について、触れることイコール猛烈なネタバレなので、論評が極めてしにくい映画でもある。

ともあれ、言いたいのは『まず映画館に行け』『これはDVDじゃなく映画館で観るべき映画だ』『どんな気持ちになっても途中で絶対に席を立つな』ということ。

あと、私はゾンビ映画はあまり好きではないが、この映画は好きだということも一応言っておきたい。主題はそこじゃない。あと、映画というものをあるていど観る人じゃないと、ひょっとしてこの映画の良さは伝わりにくいかもしれない。クリエイターは絶対必見だけど。

あとは、もう『続きを読む』以降に書くしかない。

ちなみに、いちおうこれまでのフォーマットに合わせて予告編を貼っておくが、断固としてこの予告編は観ずに映画館に行った方がいい。ネタバレという観点でいえば、この予告編は非常に出来が悪い。

映画を観てない人は、絶対にこの予告編観ちゃダメよ!

(以下、ネタバレ成分しかないので、映画を観てない人は絶対に『続きを読む』はクリックしないで下さい)

おじさん一人動物園も望遠カメラがあれば楽しすぎ

投稿日:

あちらこちらの電脳空間で、おじさんと若者の世代間によるコミュニケーションギャップが取りざたされまくっている今日このごろですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

こういうのがおっさんくさいという前例から始めてみましたが、とりあえずは今日の本題。ソロおじさん活動って意外と楽しいよって話に触れて行きましょう。

近年はお一人様向けのサービスが増えてきました。

ソロカラオケもそうですし、一人焼き肉店もありますね。ビジネスホテルでなくとも一人向けパッケージが用意されているホテルも増加中。立ち飲み屋でのソロ飲みから常連さんと意気投合。次の店に一緒に旅立つなんてジャズのフリーセッションっぽいシチュエーションも多々ありますよね。

しかしそれでも、「一人で行くのは恥ずかしい」と感じてしまうスポットがあるようです。僕が聞いた限りでは動物園や水族館など、デート&家族スポットのソロプレイに抵抗を持つ人がいます。

だからこそ申したい。そういう場所で、自由勝手に好きなまま動ける幸せと楽しさは格別だと伝えたい。

表情豊かな動物の顔を弩アップで楽しみましょう

では実際に、どう時間を使いながら心ゆくまで楽しめばいいのか。その答えはカメラです。

それも、動物園であるならば望遠レンズを装備したカメラがマストです。

いわゆる長玉と呼ばれる存在です。フルサイズ換算で600mm級の望遠レンズがあれば、柵のさらに遠くにいる動物たちの顔もドアップで捉えることができるのですから。

少しくらい混み合っている檻でも問題なし。

望遠レンズのいいところは一部分をズームアップして切り取れるところ。周囲の人の気配を無造作にカットできるんです。

檻に近づいて動物たちにピントを合わせれば、檻の気配もなくすことができます。

こういう写真ってスマホでは撮りにくいというか、ほぼ撮れない。

スマホカメラのデジタルなボケ機能が進化しまくっている今日このごろですが、後ろボケを強調するもので被写体の前ボケに関してはまだまだ光学レンズが作りだすボケにかないません。

この写真群は、旭川の旭山動物園で撮ったもの。

撮影日は地元の人がうなだれる35度を記録し、動物たちも暑さでぐったり気味でしたが、そういう日だからこその表情が撮れた…はず!

そう考えないとやってらんないし!

で、使ったカメラはソニーのDSC-RX10M4。

適度に大きなサイズの1インチセンサーに、フルサイズ換算24-600mmのズームレンズをドッキングさせた一体型。

気合い入れれば片手でもコントロールできますし、持ち込み手荷物の重量制限が厳しいLCCでも楽に運べます。

コンデジの中にはもちょっとセンサーサイズが小さくなりますが、ポケットに入るサイズで600mm域をカバーしているものもあります。

たとえばパナソニックのLUMIX DMC-TZ90なら24mm~720mm、キヤノンのPowerShot SX740 HSであれば

昼間の、太陽の光が降り注ぐ動物園であれば、コンパクトなコンデジでも美しい写真はとれるから無問題です。

ここではコンデジ&ネオ一眼と呼ばれるモデルを紹介しましたが、センサーサイズが大きくノイズ耐性が高く、美しい写真が撮れる一眼レフやミラーレス&超望遠レンズの組み合わせだって最高です。

気に入ったコをずっと追いかけてもよし、園全体を巡ってもよし。

お一人様だから満足が行くまで撮影を楽しめちゃう。そんな超望遠レンズ&動物園のマッチング、楽しんで見ませんか。

 

ヒューガルデンのビアガーデンのビールアートは再現度が高く、何度も試したい

投稿日:

ビアガーデンの季節。渋谷キャストでも人気のホワイトビール「ヒューガルデン」がプロデュースする「ヒューガルデン・ビアガルデン」が始まりました。

ビアガーデンといえど、予約が必要のコース以外に、キャッシュオンでも楽しめるプランがあります。

さて今回のお目当てはビールアート。ヒューガルデンのビールの泡に、写真や文字をプリントできるそうです。

基本の文字プリントのほか、オリジナルでもOK。

レンズから始める沼生活6話-08「サムヤンの謎、そしてこのレンズ沼連載の真の目的がついに判明」 #レンズ沼

投稿日:

レンズ沼連載、沼ロケ6日目の第8回、今回の最終回。ついに、このレンズ沼連載の真の目的が判明しました。実に正しい道のりを歩んでおります!

登場するのは、今回も3人の沼の住人。

  • 松嶋初音(@hatsunex)レンズ沼師匠、おめでとうございます
  • 荻窪圭(@ogikubokei)デジタル師匠、鬼が出ました
  • いしたにまさき(@masakiishitani)沼ウォッチャー、パイセン!謎が説けた!

いしたにまさき:さて、今回の最後はサムヤンです。CP+でもすごく評判よかったのが、試した今となってはよくわかります。サムヤン普通にいいレンズでしたね

松嶋初音:すごくよいレンズだったなあ。私、普段マニュアル使いなので、オートフォーカスってだけで感動しちゃう

い:サムヤン、最初はマニュアルからリリースして、今はオートフォーカスもやってるという

荻窪圭:一番びっくりしたのは、サムヤンとトキナーの関係でした。なぜトキナーでサムヤン扱ってるのか?とおもいきや

BiSとギャンパレが交錯し生まれた感動と熱狂の舞台を振り返る #ギャンパレ

投稿日:

予感はありました。

しかし、準備とか覚悟といったものまで心を動かしていた観客は、超満員のZepp ダイバーシティにどれほどいたでしょうか。

「何かが起こる」

邪道と評される事務所への期待とも渇求とも言える感情は誰しもが持っていたでしょうが、まさかこれほどまでの結果になるとは。

複雑に絡み合った運命の糸が、実はアリアドネの糸玉だった。

私達「遊び人」が目撃したのは、魂の解放だったのです。

レンズから始める沼生活6話-07「ジェットダイスケ写真展とレンズベビー、ケンコー・トキナショールーム」 #レンズ沼

投稿日:

レンズ沼連載、沼ロケ6日目の第7回、この時期、中野ではジェットダイスケ写真展が開催されておりました。

登場するのは、今回も3人の沼の住人。

  • 松嶋初音(@hatsunex)レンズ沼師匠、広角の女王
  • 荻窪圭(@ogikubokei)デジタル師匠、蝉もやってた
  • いしたにまさき(@masakiishitani)沼ウォッチャー、やはり中野は聖地

いしたにまさき:さて、今回のロケがなぜ中野だったのかのもう1つの理由の話です。実は、中野でジェットダイスケ写真展が開催されておりました

松嶋初音:はい、もう一つの目的!

い:そして、場所がケンコー・トキナショールーム

荻窪圭:ケンコー・トキナーが中野にあるってはじめて知りました

初:私も漠然としか記憶にありませんでした……

生きてるうちに日本初の有人宇宙飛行「SPACE WALKER」が実現するかも、これは夢を託したい

投稿日:

民間の有人宇宙飛行は今まで、アメリカとロシア、中国でしか成功していません。日本も無人ロケットの開発はされていますが、有人となると聞かない話でした。

しかし先日、宇宙ベンチャー企業SPACE WALKERが日本初の有人宇宙飛行のプロジェクト発足を記者会見で発表。

「この研究がうまくいけば、みなさんも宇宙に行くことができます」

なんと、近い未来、一般人でも宇宙に行けるというのです!

レンズから始める沼生活6話-06「ガジェットおじさん撮影会、いきなり再撮影」 #レンズ沼

投稿日:

レンズ沼連載、沼ロケ6日目の第6回、いよいよ雨の中野で撮影開始です。

登場するのは、今回も3人の沼の住人。

  • 松嶋初音(@hatsunex)レンズ沼師匠、今回はマジカメラマンです
  • 荻窪圭(@ogikubokei)デジタル師匠、意外とモデル慣れしてます
  • いしたにまさき(@masakiishitani)沼ウォッチャー、今回はカメアシです

いしたにまさき:ということで、雨の中野にくりだしました

松嶋初音:いざ!撮影開始ですね!

荻窪圭:しかも、中野の昭和なエリアに

映画見てきた:トヨエツ・浅野忠信・永瀬正敏の無駄遣い!? 『パンク侍、切られて候』

投稿日:

これまで、本稿を読んできていただいた方はご存じの通り、私は基本的にはポジティブに考えようと思っている。せっかく映画見たんだし、頑張って作った人がいるんだし、面白いところを見つけて評価しようと思っている。

が、『パンク侍、切られて候』はちょっと、見に行ったことを後悔しちゃった感じ。

っていうか、割と時代劇とか好きなんで、タイトルだけで『面白そう!』とか思って行ってしまったのが失敗。綾野剛もカッコ良さそうだったし。

なにしろ、ストーリーが『『腹ふり党』っていう新興宗教と、猿の軍団の力を借りて戦う』っていう、もう失敗の香りしかしない設定なのに、なんで僕は見に行ってしまったのか。

(以下、多少のネタバレを含みます)

レンズから始める沼生活6話-05「ロシアシネレンズの復活とまたしてもロモのMinitar、そしてフイルム話」 #レンズ沼

投稿日:

レンズ沼連載、沼ロケ6日目の第5回、新プロジェクトの話は置いておいて、例のロシアシネレンズがポッキリいってしまったっていう話から、今回再開です。

登場するのは、今回も3人の沼の住人。

  • 松嶋初音(@hatsunex)レンズ沼師匠、常に新レンズゲットしてませんか?
  • 荻窪圭(@ogikubokei)デジタル師匠、今回はモデルさん
  • いしたにまさき(@masakiishitani)沼ウォッチャー、実はロシアシネレンズの広角が欲しい

いしたにまさき:えーと、要するにあのロシアシネレンズ壊れちゃったんですか?

荻窪圭:ポッキリ?

松嶋初音:パッカリ?、ポッキリパッカリ分割されてしまって