MISFIT VAPOR2でダイエット01:ココイチ初のロカボメニュー「Coco de オフカレー」を食べたら、ハッピーオーラに包まれた

投稿日:

ココイチでカロリー気にせず食べられる!

2018年12月、CoCo壱番屋初のロカボメニュー「CoCo de オフカレー」が発売されました!

わたし、ココイチ大好きなんですが、オーソドックスなポークカレー200gでも755kcalとかなりカロリー高め。なので、ダイエット中は足が遠のいてました。

そんなときロカボメニュー発売というビッグニュースが!

ということで、スマートウォッチMISFIT VAPOR 2に頼りつつ、ココイチに行ってきました!

MISFIT VAPOR2でダイエット00:MISFIT VAPOR 2 があれば、孤独なダイエットも推しメンと一緒に乗り越えられそう。

投稿日:

MISFITから新しいスマートウォッチVAPOR 2が登場しました!

先代VAPORとの違いはケースサイズが44mmから、41mm、46mmの2タイプになったこと。
リューズはプッシュに加え、回転動作も可能です。
機能面では、心拍センサーに加え、GPS・NFCが新たに搭載されました。

VAPOR同様、フルタッチスクリーンですが、ベゼル部分のタッチセンサー機能は付いていません。

OSはWear OS by Google。Google Payにも対応してますが、現在のところ日本未対応なので、ご注意ください。価格は2万9800円(税別)から。

[タニマチPR]丸い画面のスマートウォッチ、フェイスをインスタ写真にするならVAPOR

投稿日:

「安い・軽い・丸い」で評判のMISFITのスマートウォッチVAPOR

モニターが届いたので、さっそくいろいろといじっています。

画面の都合でスマートウォッチといえば、四角と思っている人もいたと思いますが、手首に丸いものがついていると、ああ腕時計だなあとひと安心するところはあります。

で、これがMISFIT VAPORのデフォルトのウォッチフェイスですね。

一般的な時計でいうと秒針の部分にグラフィックな仕掛けがあったりして、この段階ですでにVAPORの画面が丸いことを見た目で活かしています。

[タニマチPR]心拍センサー&バーチャルベゼル。アクティビティの記録にピッタリなMISFIT「VAPOR」本日発売

投稿日:
MIS1922578

notスポーティで、セミフォーマルなシーンでもつけていきやすいスタイリッシュ活動量計を作り続けているMISFIT。最新作として、フルタッチスクリーンを採用したスマートウォッチ「VAPOR」(ヴェイパー)がリリースされました。

いままでにアナログテイストなハイブリッドスマートウォッチ「PHASE」はありましたが、Android Wear2.0を搭載するスマートウォッチは、初のこと。同社が属するFOSSILグループは数多くのスマートウォッチ・ハイブリッドスマートウォッチを展開していますが、多機能性でいくとNo.1!

気になるお値段はMISFIT史上最高額となる2万5,800円(税抜)。でもライバル機よりはリーズナブルという、戦略性を感じさせるプライスでもあります。

[タニマチPR]気持ちやわらぐシンプルライフ&スタイルにマッチ「MISFIT PHASE」

投稿日:

日々のアクティビティをサポートしてくれる活動量計メーカーのMISFIT。彼らのモデルは一見して、アクティビティトラッカーと感じられないシンプルモダンなデザインが多い。

その流れは、MISFITのハイブリッドスマートウォッチ「MISFIT PHASE」も受け継いでいる。

[タニマチPR] データ・ダイエット02:最後に◯◯kgだったのは何日前?

投稿日:

スマートウォッチを使ってデータ・ダイエット。

第二回は「ダイエットが進んでいるの?」という実感をデータから感じるための方法についてです。

前回は、体重の一日一日の数字の変化に一喜一憂してはいけないということでしたが、ナマの数字をみて喜んでもいいときがあります。それは最低値を更新したときや、大台を下回る回数が増えてきたときです。

ようするに「はじめて◯◯kg台をみたぞ」という場合や、「最近◯◯kg」を下回る日が増えてきたなという場合には、トレンドは減少傾向にあるということなのです。

[タニマチPR]スマートウオッチ女子20 MISFIT PHASE

投稿日:

肌の白さも際立てる、小ズルさもいい