いしたに まさき:激動の2021年ももう終わろうとしておりますが、急に寒くなって、いよいよ冬がきたと思っております。静電気バチバチの季節でもありますね

野間 恒毅:乾燥がお肌に悪い季節です

こうじりゅうじ:今年、秋無かった。こちらは氷点下です

い:そうか、もう氷点下か。6度で寒いとか言ってたらいかんねw

こ:今日の最低気温-8℃でございます

い:うわー

の:まあ長野だから仕方ないw。むしろずっと氷点下続きの方が雪が解けずに綺麗だったりする。雪は降ったのかな?

こ:中信地域はまだ降ってませんが、スキー場は各所オープンしております

い:なるほど。で、コロナ禍で変わったこととして、学校と職場というのがあると思うので、今月のScanSnap話はそこからはじめたいと思います。まずは学校編

▼ScanSnapユーザー事例:石川県立金沢桜丘高等学校

い:ここはなかなかに進んだ高校ですねえ「いしかわニュースーパーハイスクール」の指定校!

の:先生がイケメン!

こ:この考え方すごく大切

「できる教科からやってみましょう」

い:すげえ。150%アップじゃん

まる1日かかっていた採点を半日ほどで終えられるようになった

こ:素晴らしいですね。ほんと理想的なスキャナーの使い方。生徒の答案は紙で良くて、その後のフローをスキャナーでIT化するって、とても現実的

い:この高校は以前からいろいろと取り組んでいたというのも大きいとは思うのですが、とても現実的な導入の仕方で、これはいい事例

の:イケメン先生が元々ScanSnapユーザーでよく分かっているというのもありますよね

い:1人そういう人がいると強いw

こ:学校ってIT専門職がいなくて「得意な先生がサポートする」システムですもんね。そういう意味でもコンシューマーからビジネスモデルまで取り扱ってるPFUは強いのかw

い:ということですねw

の:ほんと、それが日本の大問題。学校毎にITサポートデスク係をアサインした方がいい

こ:必要ですよねえ。エンジニア時代、会社にCAD操作サポートの派遣さんが4人くらいCADルームに駐在してくれてました。今思えばめちゃくちゃ豪勢

い:機材だけ送り込んでできるなら、まあとっくにやってますよねw

の:なんか日本軍の新兵器投入みたいな話だ。メンテが追いつかず使われない。。。

い:その話、長くなるので次にいきます!

い:で、次はテレワークの話。ここはまさにコロナ禍で激変したところだと思います

 

▼テレワークにおすすめ!便利グッズ23選│在宅勤務を充実&快適に

の:あれ、こんどは黄緑の人だ

い:23選って!と思ったら、選んだのはむねさださんでした(納得)

の:23選って、なぜ23?w

い:わかりませんw

の:あとで数えたパターンかな?

い:お2人はこの中で実際に買ったものとかあります?、同じジャンルでもいいです。私はディスプレイとイスですね

こ:結構ありますw。Aftershokz 骨伝導ヘッドホンはめちゃ気に入ってます

い:骨伝導ヘッドホンは私は困っていないので買ってないのですが、だいぶ売れたみたいですねえ、このシリーズ

の:元々リモートワークみたいなものなので、新たに買ったものは特にないかなあ。こないだ壊れて買い換えたものとしてはディスプレイですね。2枚同時に買い換えました

い:2枚www

の: 90年代から2枚3枚当たり前の世界でしたので

こ:あとは卓上クリーナーのAnker Eufy HomeVac H11ですかね。これは各部屋に置いておきたい

い:けっこう買ってますねw

の:ないもので毎日使っているのはBTレシーバー、PCからの音を遠くのスピーカーを鳴らすのに使ってます。アンビエントなBGMは遠くのスピーカー、zoomなどの会議は手前のスピーカーと使い分けてますね

い:私はアンビエントBGMはEchoで鳴らしてますね。各部屋に1台ありますw

の:そういうハイカラなものはないですなあw

こ:私は常にaftershockzで聴いてます。家族には聴こえないの不思議なくらい、自然な音でびっくりです

い:坊主が骨伝導。そのうち読経も骨伝導

こ:ヘッドホンだと、鼓膜痛めつけるので仕事柄も良くないなと思ってたんです

い:実際、中耳炎とかあるだろうしなあ。で、次に行きたいのですが、いっそ仕事部屋を作ってしまったと言うのもあるかと思います。ということでこちらです

 

▼コジマジックさん 収納ツアー 仕事部屋

い:コジマジックさんにしては、ずいぶんせまい部屋だなあと思ってたんですが、これたぶんもともとはウォークインクローゼットだったのを仕事部屋にしたんじゃないかなあと思いましたw

こ:流石の収納と整理具合

い:「スキャンをとる。これを癖づけてほしい」この模範解答ありがとうございます

こ:スキャンする前提の書斎ですよね。2畳でも書斎作れる

の:2畳なんだ! すごいな狭小書斎。これ撮影している人が別にいるんだw

い:たぶん撮影は奥さんですねw

の:個室のオフィスと考えると十分なスペースですかね

こ:グリーンバックすごい

い:コジマジックさんすごいですよね。ただただ関心してしまうw

の:部屋を片付ける時間が欲しいw

い:それはわかるwww

 

い:さてさて、2021年のScanSnapの振り返りとして、ScanSnapプレミアムアンバサダーの話もしておきたいと思います。この方々が新たに参加されました。よっぴーは、前からそうだったんじゃないの?という感想でしたけどもw

▼写真整理協会代表理事・写真整理TOPアドバイザーの浅川 純子さん

▼ニッポン放送アナウンサーの吉田 尚記さん

こ:おめでとうございます

の:おめでとうございます!

い:ただ、われわれとしては乗り物ブロガーの野間 恒毅さんの話をしておかないといけませんなw

の:え?

い:あなたのことですよw。で、年末年始の時期でもあるので、のまさんの「実家で写真スキャン」の話をしていただければと思います。今なら、iX1300持っていけばいいですかね?

の:私が実際に持っていったのは、バッテリー式で簡単に使える上に旅行鞄に収まりやすいiX100ですね

い:なるほどなるほど

の:PCも持っていったので、もちろんUSBケーブルをつなげば充電もできるし、通信もそっちでできるので安定的でした。片面スキャンですけど、写真なので特段問題ないし、スキャン精度については解像度あげるとスキャンスピードが遅くなるデメリットはあるものの、実はですね・・・

い:なんですかw

の:プリントした袋にネガと一緒にまとめて入れたものが多く、写真が貼りついているんですよ。なのでペリペリ剥がさなきゃならなくって、その時間が必要なので、スキャンの速度と、ペリペリ剥がすのがシンクロして丁度よかったです。なにせ相手は80年代、90年代前半の写真ですからw

い:そういうワークフローw

の:そうなんです。これが綺麗に束になっていれば、まとめてスタックしてサクサクスキャンできるのでしょうけど、そんな理想的な状態の写真はどこにもなかったですねえ。だいたい封筒とかに入ったまま。

い:そんなもんなんでしょうねw

の:一部アルバムに入っていましたけど、こちらもいわゆる「フエルアルバム」で台紙にペタッと貼りついているからはがさないといけない。プリント屋さんでもらう24枚はいるアルバムは出しやすかったですけど、結局アルバムから出す、スキャンする、戻すの繰り返しになるので、まあ丁度いいんですよね、iX100のあのスキャンのスピードが

い:ということで、やはりiX100がおすすめと。まあ、実際ペットボトル以下の重さですからね

の:こんな状態でした。いつか整理するだろうと思って書き残したマジックだけが頼りw 。実際に整理したのは30年後という

い:30年www

こ:懐かしいw、写真ってこういうものだったと思い出させてくれる

の:このマジックを記入したのは多分90年代後半だと思われますが、書いてたおかげでいつ、どこかを思い出せてよかった。すごいのは写真だけのダンボールがあったので、整理するつもりはあったんでしょうねw

い:えーと、左の上から2番目は観月ありさですかね

の:ご名答です>観月ありさ

い:これだ

の:この写真たちをええぃ、全部スキャンしてやれー!と。これ、iX100をテーブルの端においているのは理由がありまして、入れたそばから床に落ちますがそれはそのまま廃棄処分へ。物理はさようなら~、ダンボールごと廃棄ですw

い:わははは、それも含めてのワークフローですね(2回目)w

の:そうなんです。なのでサイズといい、使い勝手といい実家で写真スキャンにはiX100がよかったという。でも確かに都合10時間くらいはかかった気がします。そこまでじゃないか、6時間くらい

い:まあ、でも正月休みならできますねw

の:ですね、私は二泊三日の2晩でやりました。今回旧家を売却することになり急遽スキャンしましたが、それなかったらまだやってなかっただろうなあ。いい機会になりました。みんな実家に帰ったら写真をスキャンしよう!

こ:いつかはやらなきゃなあ

い:ということで、正月休み前にiX100をご購入ください!ScanSnapスマートライフキャンペーンも1月9日まで実施しておりますので!

▼ScanSnapスマートライフキャンペーン

の:実家に1台、自宅に1台!

い:たしかに。2台買って、1台は実家に置いて帰るが正解ですねw

の:そのままクラウドで共有してしまえば、便利です

い:です!

 

い:ということで、普段ならここで終わりなのですが!重大な発表がございます!大切なお知らせではありません

の:大切なお知らせは、人を不安にさせますw

い:この毎月やってきたPFUコーナーの記事ですが、この記事でなんと記念すべき100本目の記事となります!

の:百本!

い:自分で数えていて、びっくりしてしまいましたw

こ:すごい!

い:ということで、100本記念なんだから、読者プレゼントくださいよー!とPFUさんにおねだりしてきました

の:ONEDARI BOYS!

い:HHKB HYBRID Type-S とScanSnap iX1300。それぞれ1台読者プレゼントとしてゲットしてきました!

の:な、なんだってえええーーー! (MMR)

こ:最高の2台ですやんーーーーー

の:あの、黄緑の人の23選にも入っていたというやつですね

い:いやあ、どっちか1つおねだりできれば成功かなと思ってたんですが、どっちかとかどうでもいいわ、どっちももってけ!となりました!さすがPFUです

の:太っ腹!

こ:いつもありがとうございます!!

い:なお、こちらについてはMODULの公式ツイッターアカウントでRTキャンペーンでの応募とします。奮ってご参加ください

の:フォローもしてね!w

い:それがRTキャンペーン!

こ:お願いしやす!

い:ご応募ください!

shares