• 松嶋初音(@hatsunex)レンズ沼師匠、無事退院おめでとうございます
  • 荻窪圭(@ogikubokei)デジタル師匠、僕はYouTubeのこと忘れてませんよ
  • いしたにまさき(@masakiishitani)沼ウォッチャー、実質タダ再び!

いしたにまさき:再開宣言しつつも、やっぱ外に出にくいので、更新マイペースでのレンズ沼です

荻窪圭:いしたにさん、おめでとうございます

松嶋初音:おめでとうございまーす!

い:え、なんですか

初:例のやつですよ

荻:予約してから待たされたという

い:ああ、そうですね。きょうはそのR6の話ですね。3日ぐらい悩んだのが運の尽きでした、それで待たされてしまいました

荻:入荷待ちの予約者が巷にいっぱいいるそうで

3年ぶりにカメラ物々交換してきました

い:いやー、要するに中野のフジヤカメラに、また初音さんと行ったんですが、、、

初:すごかったですねあの日

い:R5もR6もとぶようにひきとられていてwww、あの時フジヤカメラにいた人みんなEOS買ってたんじゃないかっていうレベルだったw

初:カウンターでやりとりしてる人みんなR6とR5だった

荻:すげー、さすがだ。入荷の連絡が来て即受け取りに行ったんですか?、みんなダッシュで受け取りに行ってるのかな?

い:はいw、私もすぐに行ったんですけど、これは理由がありまして、、、ほら今回物々交換なのでw

初:毎度おなじみ物々交換

荻:今回「も」?

初:実質タダじゃん!のやつですね

い:タダでも断捨離でもないですけどね!

初:頑なだなあ

い:自分では言いたくない!他人に言われるのはオッケー!

初:大量のカメラを渡してるのに、、、あれは傍から見たら完全に断捨離(笑)

荻:両手に抱え切れないほどのカメラとレンズを持って行ったのですねw

初:この量ですからね!

い:いやあ、防湿庫に空きスペースができて、実に危険ですw

荻:腰痛めそうな量です

い:まあ、その様子は初音さんによって中継されてもいたのですがw

 

初:してましたw

荻:はい、読んでました

い:で、なんでフジヤカメラに急ぐかって話をしておかないと

初:ですな

い:ただのアホだと思われるので、ちゃんと説明しますよ。フジヤカメラには恐怖の沼システムがあるんですよ

初:ふむふむ

荻:沼システム?

い:フジヤカメラでは、中古の買い取りと新品購入を同時に行うと中古の査定が15%アップします

荻:ああ、それ、超愛用してます

い:それと新品がなにか5000円引き

初:最高ですよね。下取りすると5000円引きってやつですね

い:これ、実にバカにならなくて、下の持っていったカメラの査定後のプラス分って、ほぼその15%分なんですよ

https://twitter.com/HATSUNEXJAPAN/status/1303640726215913472?s=20

初:あっ!たしかにそうだわー!

荻:おお、目標額越えはすごい

初:査定がなんと!目標額を超えたあ!

い:で、この中古カメラとかレンズの査定というやつはですね。まずは状態がチェックされます。レンズにカビがあるとか、キレイとかそういうのですけど

荻:レンズのキズやカビ、ボディの使用感など、実に細かくチェックされますね

い:でも、それよりも大きいのが製品としての人気の部分なわけですよ

初:たしかに。そこかなりシビア

い:そして、その人気は新製品が出たりするといきなり変わります

荻:旬のうちに売れ、と

い:そう、1日遅れたせいで致命傷ってのがあり得るのですよ。ここ大事なところなのでくり返しますよ!フジヤカメラの沼システムは最速で!

初:入荷連絡きたらすぐ行かないとね

い:ですです。で、まあとにかく急に行くことにしたんですけど、なぜか今回も初音さんがいるっていうw

初:入荷連絡きた日に中野くるっていうから、ビックリ予定調整しましたw

い:えーと、3年ぶりの2回目です

初:3年ぶりでしたか。いしたにさんの物々交換には立ち合わねば!という使命感があります

い:3年ぶりに開けたX-E3の箱に日付の紙が入ってましたw

初:おおぉ!メモリアル〜!

い:で、問題のカメラ物々交換ですが、前回はOM-D E-M5 Mark2とレンズ一式+X-100FをX-E3とレンズ一式に交換しましたw

初:でしたね

荻:おお

い:その様子は実はレンズ沼の初回記事ですw

初:うぉー、なつかしい!

リバウンダーのあつまり

荻:3年経っているのかー

初:合わせて読むと感慨深い

い:要するに全部荻窪さんが悪いっていう話ですw

初:ですねー!

荻:おかしい。。。

い:まあ、われわれの長く使うって3年ぐらいってことでもありますねw

初:ですね、、、

荻:3年で新製品に買い替えはよく聞くけど、マウントごとってのはなかなか剛毅ですよねえ

い:ああ、その話しますかw

荻:もうどの話からでもw

初:したい話がたくさんあるwww

い:前回マウントごと交換したわけですよ。結果、マウントごと交換はけっこういけるっていう経験をしてしまったわけです。これはいけなかったw

荻:それは危険!

初:たしかに!よくない学びだ!

い:ホントよくないw、ただ、同時に結局EFマウントをなくすこともできなかったんです。で、前回もそうなんですが、オリンパス別に悪くないけど、EFに絶対のレンズがあるという構図は変わらないので、、、じゃあ、まるっといくか!とFUJIにしたわけです

初:してましたね

荻:マイクロフォーサーズからFUJIのXへ

い:FUJIはいいカメラなんですよ。今でもいいと思ってます。でもねえ、今回FUJIを手放した理由がいくつかあって、、、まずこの3年で老眼進行しているんですよ、、、EVFがいいカメラじゃないとつらい。ホントにつらい

初:老眼は沼の人たちにとって大事な問題ですよね

荻:そうそう。老眼を救うのはEVFです。めちゃ大事。カメラ買ったら最初にEVFの視度補正ですよ

い:なので、実はちょっと前までαも検討していたぐらいです。そして、EFレンズとの絡みですね。ここはもうCanonのボディが断然いいわけです

荻:EFレンズは潰しが効きますものねえ

初:うんうん

い:そこに完成度の高いR5とR6が出ちゃって、しかもセンサー以外の基本スペックはR6でも遜色ないし、、、事前にちょっと!Tさん!仮で計算して!とお願いしてあったわけですw

荻:名指しw

い:まあ、Tさん店にいくといないんですけどねw

初:いないんだよなー。フジヤカメラ以外の場所では会えるのに謎w

い:あと、特に古いEFレンズだと、けっこうまだまだ5D Mark2がいけてしまってまして、結局Webカムとして使ってますし

初:うんうん

い:5D Mark2買ったのは2008年なので、なんと稼働12年www。やっぱ、偉大なカメラだ

初:すごいな!!!!

い:ということで、さすがにその12年選手売っても、いくらにもなりませんので、、、X-E3とレンズ一式とEOS 5DMark4をEOS R6とレンズ一式に物々交換となったわけです

初:なるほど!

荻:今回もボディ2台!

い:今回もボディ2台ですw

初:断捨離感が出るのはそこだなw

荻:5D4からR6ってのが象徴的ですよねえ。Xマウントのレンズは手放し、EFレンズは残した

い:やむを得ないですね。EFも24-105mm f4はもういいやとそれ以外は残ってます

荻:で、RFレンズはマウントコンバーターで運用と

い:まあ、そのマウントコンバーター品切れなので、買えなかったんですけどね、、、なお、初音さんによる物々交換まとめ動画こちらになります

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

物々交換いしたにさん。 @masakiishitani

Hatsune matsushima(@hatsunex)がシェアした投稿 –

初:初めてリール機能使ったw

荻:この物々交換動画面白いw

い:そして、ビフォーアフター

初:スッキリしているw

い:R6とRF 35mm f1.8 MACROとRF 24-105mmです。RF 24-105mmはLレンズではない方

荻:軽くてちょっと暗い方ですね>24-105mm

い:これは計算外です

初:ですです

荻:計算外?

い:査定がよくて、予算がダブついたので、うっかり買いました

荻:おお

初:5万浮いたって話ですね

い:ホントは35mmだけ買う予定だったんですよ。でも、安い方のRF 24-105mmも試したら、けっこうよかったんです

初:査定の間の暇つぶしで覗いたんでしたっけ

い:ですです

初:あらこれは良いレンズ!となりましたね

い:そして「それ5000円安くできます」ってSさんが悪魔のささやきしていきました

初:下取りすると5000円引き!ってやつですね

い:2階のSさん。普段は2階にいるのに1階まできて、ささやいていきましたw

初:さらに査定してくれてた人に圧もかけていきましたねw

い:最高でしたw

荻:圧w

い:で、24-105mmはいわゆる便利ズームでもあるので、これ一本持っていると、レンズ欲しくなる病の魔除けにもなりますw。お前はなにを言ってるんだと言われるのはわかっているんですが、それははっきり意識しました。自分を信用してません

初:自分を信用しないw

い:5万のレンズで20万とかのレンズ買わないで済むなら、15万の儲けですよ!

荻:まあ、自分を信用してカメラに手を出すとたいてい大変なことになりますから。。。

初:信じるのは自分の腕にしましょう

買って5分開けて5秒!R6でファーストショット

い:そんなわけで、また大きな袋を抱えて、店を出たわけですが、せっかく初音さんもいるし、そりゃ撮りたいわけで、、、

初:珉珉に行きました

荻:いいなあ。最初の被写体が初音さんとか贅沢

い:レバニラ炒めが最高だった

初:レバニラめちゃ美味かった、旦那チョイス

い:正真正銘のファーストショット

初:開けてすぐショットですね

い:買って5分、開けて5秒でこれですよ

EOS R6, RF 35mm f1.8 MACRO

初:神カメラ

い:もちろん何にも設定触ってない。ボケも後ろボケもいい

荻:めちゃ良いカメラとレンズですものねえ

初:私も撮ってビックりしました。めっちゃ良いカメラ

初音さん撮影

荻:ちなみに、わたしがはじめて「これ欲しい!」と思った EOSがR5/R6でしたもの

初:Canon派じゃないのですがこれは流石に揺れた

い:2人とも見事にやられているw

初:撮れた写真が良すぎる

い:そのまま採用されていて笑いました

初:これは良い写真でしたので即拝借。他のもTwitterのアイコンになりました

荻:すげー

い:アイコンは、こっちの写真ですね

初:です。いしたにさんは相変わらずかわいく撮ってくれる

い:わーい!ほめられた

荻:じゃあ今度わたしがR6で!

い:やめてください

初:不安

荻:わたしも不安w

い:www

初:本人がwww

い:で、アイコンの方に採用された写真なんですけどね。これ、説明が必要で、あれは動画を一時停止して、スクショしたやつなんですw。つまり写真じゃないw

初:なんと!!!

い:下の動画の50秒ぐらいのところです。私が動画の設定をめんどくさがってたら、初音さんが見つけてくれたので、4k24fpで撮ってますw

初:SONYより設定見つけやすい

荻:同感

い:なお、上の動画で前に出したグラスにピント合ってないのは、要するに近すぎ問題ですw。この35mmF1.8は最短撮影距離 0.17m。あの時、たぶん5cmぐらいまで近づけてたはずw

初:たしかにwww

い:そりゃピント合わねーよwww

初:すんませんwww

い:最短撮影距離 0.17mって、ぜんぜん悪いスペックじゃないしwww

荻:まあ、ハーフマクロレンズですしね>35mmF1.8

い:そうそう。で、この35mmF1.8がホントによくて、毎日こればっかり使ってます

初:使うでしょうなあ

い:魔除けの24-105mmとオールドレンズのためのマウントアダプター。まだ封開けてないw

初:www。あれは穴埋めみたいな感じですからね

荻:便利なはずなのに使われない便利ズーム。。。

い:いや、魔除けなので!機能してます!

荻:魔除として便利なズームって斬新すぎるw

い:荻窪さんも35mmF1.8はレビューしてましたよね。なんかいい意味でCanonっぽくないっていうか

荻:ええ、35mmF1.8ってR5/6の超賢いAFと超強力な手ぶれ補正でめちゃ威力発揮するんですよねえ。この写真とか、、、夜の暗い公園で手持ち!

い:おそろしい

荻:ちゃんとセミの目にピント来てるし。あんな暗いのに

EOS R6をユーザーとして使ってわかった3つのこと

い:で、ここまで使って思ったのが、、、試写レベルだとわからなかったことなんですけど、レンズもボディもすごいんですけどね、、、まずRFマウントの基礎設計がすばらしいんじゃないかってことです。EFだとなんだかんだでLレンズってのが鉄板だったんですが、さっきから話している35mmだって、実売6万ぐらいのレンズですからね

初:安いんですよねえ

荻:いしたにさんが魔除にしてる便利ズームでも画質は良いですもの。わたしはR6に24-240mmをつけて猫を撮りに行きたい。実は24-240mmも便利10倍ズームとは思えない写りで驚いた。下のレビュー記事でも書いたんですけど、鳥の瞳にまでピントきてます。これを追いかける他社は大変です。

い:物体そのものを追いかけるAFヤバい。しかも、目が見えたら逃さない、、、こえー

初:すげえカメラだなー、きょわーい!!

荻:来年、なんかの間違いでお金が余ってたら買いたい。今年はすでにX-T4とiMacを買ってしまったのでむり

い:実質無料で!

荻:売ったら40万になるような機材はうちにはないです(泣)

初:定期的にお金使っておくほうが実質無料になるんですよね

荻:話をRFマウントの話に戻しましょう、、、RFとEFってマウント径は同じなので、ミラーレスならではのレンズ設計が良い方向に出てるってことなのでしょうねえ

い:マウントの内径は同じなんでしたっけ

荻:EFとRFはマウント径が同じなので、爪のサイズを変えて間違えて装着できないようにしてるのです

い:違うのはフランジバックか、、、フランジバック20mm

荻:そうですです

い:で、次がこの35mmが軽いってのもあるんですけど、R6なんか軽いんです。グリップの良さもあるかな

初:そもそも買って帰る時、すでに「紙袋が軽い」って言ってましたよね

い:言ってましたかw

初:最初車に置いてカメラだけ抜いてご飯に行くかって言ってたのにw

い:正解でしたね。おかげで写真も撮れたしw

初:ですねw

い:なので、EOSではじめて純正ストラップやめました

初:おぉ!

荻:なんと、ハンドストラップとは思わなかったー

初:おっ!結局ハンドストラップにしたんですね

い:これで十分。ネオプレン素材です

初:手ブレしないもんなー

い:そう、軽くて手ブレしないから、大きいストラップは邪魔でしかないんですよw

初:小さいし、いやほんと良いカメラ!ひらPにスポッと入れてさっと取り出してパッと撮れちゃう

い:それです。これはひらくPCバッグnanoです

初:スッポリ

荻:やっぱメインで使うレンズをつけてこのバッグにすっぽり入るかどうかが基準ですよねえ

い:そうなりますw

初:ほんとそれなんですよね

い:nanoに入るということは、他のひらくPCバッグにも当然入ります。あと旅行とかも、これでnanoとかわリュでいける

荻:ああ、わたしも旅行は大体そのパターンです

初:らくちん!

い:さて、これが最後なんですが、これはホント意外だったんですが、たぶんなんですけど、、、R5とR6でカメラ側の処理性能上がったせいじゃないかと思うんですけど、EOS R6スマホ連携がかなりちゃんと使えます

初:おっ!だいじなとこ!

荻:ああ、Canonのスマホ連携はここ数年、優秀なのですよ

い:カメラとの接続自体はBluetoothで認証していて、実際に画像見たいときだけ、Wi-Fiつなぎにいきます

荻:そう、寝てるカメラをスマホがBluetoothで叩いて起こして接続に行くので、めちゃ楽です

い:R6はWi-Fiに5Gがなくて、2.4Gだけなのであんまり期待してなかったんですけど、かなりいいです。カメラの電源さえ入れておけば、カバンに入れたままで写真みて削除、転送、転送、削除、転送、転送みたいなことをやってもR6はストレスないです

初:良いなあ

い:R6はセンサーが2100万とかなので、JPGデータもわりと軽いってのも効いていると思いますけどw。しかも、ほら!私はGalaxy Foldユーザーなので、スマホの画面デカいんですw。ビバ!老眼対策!そのままLightroom起動してもオッケー!Snapseedもオッケー!

初:その速度感良いですね

い:これの右の写真とかそうです。帰りの電車の中で、転送して加工してアップ

初:素敵カメラ

い:ということで、EOS R6をまとめると今のところこうですね

  • RFマウントヤバイ
  • なんか軽い
  • スマホアプリちゃんと使える

い:暗所性能もかなりヤバイのですが、まだうまく飲み込めてませんw

初:その感じなんかわかる

い:ちょっと、自分の撮影概念変えないといけないのですよねえ

初:今までの感覚で撮影しようとすると「え?なんで撮れるの?」ってなるんですよね

荻:私からはR6はこうです

  • AF賢くてヤバイ
  • 肉眼でもよく見えてないのにAF合うのヤバイ
  • 手ぶれ補正ヤバイ

い:ヤバイばっかりwww

初:語彙力は消滅しました

荻:このカメラヤバイので近寄ってはいけませんレベル

USB充電の表記問題、というかUSB PD問題

い:ホント文句なしのEOS R6なんですが、これはちょっと文句というか、わかりにくいというか、すでに実際困ったことがあって、、、買った日、あんまり充電されてなかったので、モバイルバッテリーで充電しようとしたんですが、まさかのUSB PDオンリー

荻:そうなのです!

初:ええっ、そういうことだったんですか

荻:いしたにさんに言っておけばよかったと思って

い:あれはホント紙入れておいて欲しいw

初:ずっと充電してるのにされてないなーってなってましたもんね

荻:初代EOS Rからそうなのですよ。わたしもレビュー時にはまりました。明確に「USB PD専用です」とはうたってないんですよね

い:それ知らないとあれははまる。例えば、Cheeroのバッテリーでも、そもそも、USB PD対応しているのとしてないのがあるわけです。で、USB PD対応してても、USB PDはUSB-Cポートじゃないとダメだったりするんですよ

荻:そう、USB-C to CじゃないとUSB PDにならないのです

い:つまり、USB-AからUSB-Cのケーブルしか持ってないとそれで詰む

初:きょえー

い:バッテリーには書いてあるんですけど、知識として知らないと対応できないw

 

荻:初代EOS RのときはまだUSB PDも普及してなくて「一体どれなら充電できるんだー」と頭抱えましたw

初:それは辛いわあ

荻:あの時は「おい、MacBookのACアダプタなら充電できるそうだぞ」って話で挑戦したり←できた

い:ここ、USB PDだって貼っておいて欲しいですよね

荻:貼っておいて欲しい。まあ、メーカー的には純正のを使ってね、全部のUSB PD電源で検証したわけじゃないから、ってことなのだろうけれども

い:それはわかりますけどねw。出先で詰むと闇落ちしますよw

荻:すると思います

初:うんうん

い:実際、1回詰んだしw

初:ホントは少し外で撮ろうとしてましたからね

荻:カメラ屋さんはそこでUSB PD対応のモバイルバッテリーを売りつけるチャンス!ケーブルとセットでフル充電のモバイルバッテリーを特別価格で!とか

い:ひどいなwww

結論、EOS R6はヤバイ

い:結局、RFマウントの新設計レンズをちゃんとしたボディが受け止めるとこうなるんだなあと、Canonは最初からここ目指してたんだなあというのが結論です。知りませんけどw

荻:なぜ犬も猫も人間も鳥もかまわずちゃんと目にピントが来るんだ? ってのも衝撃でしたし「人間か動物かどっちにするか選ぶ」必要がないのはすごい

初:Canonに心傾きましたやっぱりすげえな

い:そうそう、AFがヤバすぎるのでノーファインダー撮影がヤバイですよ。AFがバチっと合ってるから、写真に立体感があるんですよ

荻:また出た「ヤバイ」

初:旅に出たくなるカメラだな〜、撮り逃し少なそう

い:あ、そうそう。こういうこと、写真の上がりにはあんまり関係ないのでやりたくないんですが、、、これわかります?

初:目に写りこんでる〜!

い:そうそう、元の写真はさっきのこれです。初音さんの目に写りこんでいるのは、お店の照明ですね

初:すごいのぅ

い:ね、R6ヤバイでしょ。しかもデータサイズも軽いっていうw。上の写真も元データJPGだと4.6MBなんですが、ここにアップするときに圧縮かかるので、ファイルサイズ: 414 KBです。どういうことwww

初:ヤバイ

荻:ヤバイ

 

shares