いしたに まさき:さて、年度末ですが、みなさん大丈夫ですか?

堀 正岳:わたしは大丈夫ですが、世界が終わりそうですね

野間 恒毅:大丈夫なはずがないですねw

い:はずがないですね。まあ、東京オリンピックも延期になりましたが、このコーナーとしては、確定申告が延期になったことがとりあえずトピックでしょうか。確定申告どころではないと早々に判断したのはよかったですね

堀:英断でした。もう終わるタイミングで延期の知らせが入ったので、あまり恩恵はありませんでしたが(笑)

い:あ、たしかにw

堀:この連載の前回で話していた内容を e-Tax でポンですよ

い:私は、今更発見してはいけない書類が出てきたので、ラッキーでした。ScanSnapで税理士さんに送り付けたら、びっくりしてましたw

堀:脱税疑惑ですか

い:いや、還付金が増える方向ですw

堀:それはよいことです(ごちそうになります)

野:ごちになります!

い:私、今年親不知で入院とかしたので、医療費がけっこうかかってたんですよ。すっかり忘れてましたw

野:還付金、遠く果てしないかなたの夢の話だなあ。働けど働けど、わが暮らし楽にならざるじっと手を見る

い:まあ、その還付金はそのまま支払いに消えますので、ちっとも楽にはなりません

堀:株も下がったり、いろいろ世の中すごいことになっていますが、ここは逆に考えて、還付金戻ってくる人は、とにかく確定申告(しなさい)ということかと

 

い:ということで!まだ間に合う還付金!ということでこの事態を見越していたのでしょうか!!よ!PFU!!3月30日までのScanSnapキャンペーンが実施中です

堀:またキャンペーンしてる!

い:ついにきましたね、大本命ですよ!!ブラックに金!

堀:金沢箔とは

野:百式か!

い:どうせなら、ハイバーメガランチャーもつけて欲しいですね

野:この私にプレシャーをかけるとは!

堀:売ってほしい。還付金ならある、、、ないか

野:この還付金で木馬をでるんだ。アルテイシア

い:木馬は無理ですね、ガンプラぐらいでお願いします

堀:応募方法はフォロー&リツイートと。ハードルも低いですね

い:確定申告も延期したので、キャンペーン日程も延期して欲しいものです

堀:たしかに

野:第四弾を

い:次はなんですかね。白に金、黒に金ときたので赤に金ですかね。無理ですかね

野:もういっそのことザビ家仕様とかロゴ入れればいいんじゃないかと

い:え、そっち?!

堀:白の ScanSnap にペインティングしてガンダムカラーにするとかどうです?それでコンテストをする

い:トリコロールか

堀:当選しなかった人たちは塗り損

野:ぼくが一番ScanSnapを綺麗に塗れるんだ…

い:ギャンでもいいですか

野:北宋だな

堀:あの盾のつぶつぶを一面にですね…ああ、ScanSnap の新しい可能性を見出しましたね

 

い:で、冗談はその辺にして。年度末でもう1個話があるのを忘れてました。今年はそれも大変そうなんですが、この時期、けっこうな引っ越しシーズンですよね。最近、だれか引っ越ししてませんでしたっけ?堀さんか

堀:1年前ですけどね

い:いや、PFUのScanSnap担当の方と話をしていて、引っ越し前こそScanSnapですよ!って言ってたのを思い出しまして、要するに「書類・書籍を減らしておけば引っ越し代も安くなりますし!新居で開けるダンボールの数も減ります!」と力説されていました

野:konmariか!

堀:それでいうと、この3月というのは大学の先生の離職や移動の時期なので

い:ああ、たしかに

堀:それこそキャビネットで論文をかかえていた人々が、最後にものすごい勢いでスキャンするタイミングでもありますね(笑)。なにせ、家に持ち帰れない

い:ああーー

堀:最近の研究者はみんなPDFですが、キャリアが長い人はけっこうな紙の蓄積が

い:たしかにたしかに。長い職場ほど貯めこみますよね

堀:なにげに老教授がたくさんもっているのが、いまだに OHP!

い:ぐはああ。OHPってScanSnapできるんですか?

堀:裏側に白い紙を入れれば手差しスキャンでいけたかな。A3キャリアシートに挟むとさらに安心

い:ああ、そっか。どうせ両面やる必要ないもんな

堀:もうそろそろ絶滅するでしょうけど、意外に古い OHP に宝が混じってるので侮れないんですよ

い:そっか、だから新環境でScanSnap用意するのもいいけど、旧環境を出るときもScanSnapは必要なんだな

野:それって、ScanSnapはいつでも必要ってことじゃ?w

い:そういうことです!だからこそのキャンペーン!

堀:ひとまずリツイートはしておきましょう

 

▼ScanSnap iX1500

shares