いしたに まさき:世界にはばたくPFUという話は、この連載でも何度かしていますが、今回の話はいよいよ中国の展示会に出ましたって話です。場所は上海、時期は8月の頭だったそうです

堀 正岳:展览在中国举行!(中国で展示会開催ですか!)

野間 恒毅:ほお、中国。今まで中国市場で売ってたんですか?

い:売ってますね、というか、勝手に売れたと言っていいのか(笑)

野:ふむふむ。展示会出展は初ということですかね

い:少し前のHHKBのイベントでも、中国で売ります宣言はしてましたからね。今どきだなあと思うのは、評判が先で次にリアルイベントに出ていくところですね。Youtubeで再生されまくったアイドルバンドが今は海外ツアーしまくっているのを思い出しますね

堀:中国での売れ筋はやはり HHKB なのでしょうか? それとも RealForce ?、どちらでもありえそうですが

い:その辺はよくわからないのですが、とりあえず、キティです。どういうことなのwww、つっこみどころしかないw

野:これか!

堀:いや、これはゲーム実況だと、ただしいカラーリングですねえ

い:そうそう、今回PFUが参加した展示会であるChinajoyがゲームイベントですからね。ちょうどファミ通の記事がありました

堀:女の子でゲーム実況している子なら、ヘッドホンとキーボードで魅せますから、これはすばらしい

い:公式サイトはこっちです

堀:うわあ、これは行きたい

い:で、会場全体の写真があるんですが、これはホントに完全にゲームショー。よくここにキティさんで殴りこもうと判断するよなあ、さすがPFU

堀:中国でもキティちゃんの人気はすごくて、お土産として定番みたいですよ

い:あー、なるほど。さすが世界のキティさん。で、上海といえば、外灘(バンド)と呼ばれる旧市街とかが有名なのですが、さすがに会場は完全な新市街ですね。昔はなにもなかったところだ(笑)

野:なんというかこのシムシティ感

い:東方民珠塔のさらに先ですからね、完全にシムシティですよ。会場でかすぎて、スケールがよくわかんない、、、

野:郊外の湖の上にはソーラーパネルが敷き詰められているし、やばいw

い:イベントの総来場者数は約37万人。PFU上海のブースには約1.5万人訪問で、300台以上売ったそうです(笑)

堀:37万人!

野:え??

堀:コミケ並み!?

い:イベントは4日間なので、1日当りだと単純計算で数万人。さすが中国

野:昔のF1は1日15万人、3日で30万人といわれましたが、それ以上かー

い:その37万人から1.5万人がブースに来ているので大したもんですよね。PFUからのコメントをそのまま引用しますね

来場者、販売台数ともに、当初の見込みより大幅増でした! PFU上海のブースは「日本の製品、日本のブランド、日本の品質」で製品イメージを強調。濃厚な和風スタイルにし、スタッフは浴衣着で接客。多くの来場者を引きつけました。 ここ数年間のプロモーション効果のお陰かもしれませんが、来場者は「静電容量」「HHKB」「REALFORCE」を分かっている人が意外と多い(約三分の一)。 隣のブース(電子ゲーム競技系)はショウガールが多く、とても賑やかだったが、PFU上海のブースも人気度は負けていませんでした。

い:すでに知られているというのが、やっぱりすごいですね

堀:これは目立ちますね。なんだかブースが銭湯みたい(笑)

野:銭湯ってww

い:そっか、キティさんのピンクで桜のピンクか

堀:今調べたら、上海の郊外にあたる杭州市のほうに、杭州ハローキティパークがあるんですね

い:ははあーーー、上海すげえな

堀:そこでゲームショーがやってくるなら、キティと桜でショッキングピンクって、なかなかのブランディング戦略だ

い:うまいですねえ。日本でもキティモデル売れそうなのに、あえて中国限定ってのも、現地で売れる理由なのかな

野:おそろしいまでにピンクですね

堀:いい色だなあ

 

い:ここまでHello Kitty版REALFORCE(中国限定販売)の話だったんですが、中国限定版が、実はもう1個あるんですよ。それが黄色版REALFORCE(2019年5月15日 中国限定販売)です

い:中国では黄色は特別な色ですからね。つまりはラストエンペラーです

堀:金運の意味合いもありますし、プレゼントに最適ですね

い:で、PFUからのコメントなんですが、、、

中国では黄色は「大地」の象徴であり、「帝王の色」でもあり、気高い色です。オーダーメードのペーパーテープや封筒(手紙、REALFORCE Logo付の封蝋)も同梱されています。

い:これ、意味がよくわかんなかったんですが、中国でレビュー記事が出てまして、なんですかね、この圧倒的なやりすぎ感、、、

堀:すごいなあ。そういえば iPhone 5s が中国で発売されたとき、ゴールドが飛ぶように売れたという話もありましたよね

い:インドもですね(笑)

堀:なんだか日本でできないことをすべてやってる感じがあって、正直羨ましい(笑)

い:そうそう、とにかく楽しそう(笑)

野:グフ・イグナイテッドか!

い:あー、ホントだwww

野:TMR専用MSです、西川貴教ね

い:だははは

堀:どういうことw

野:ザクとは違うんだよ、ザクとは!

い:もはやグフの原型がない気もしますが、とにかくゴリ押し感はすごい(笑)。でも、日本ではグフ・イグナイテッドモデルとして売ればいいってことか、、、バンダイさんがうんって言わなさそうだけど(笑)

野:西川貴教バージョンとしてフェスで売りましょう

い:フェスでキーボード売ります!ってそっちかい!ってつっこまれますね

 

堀:これ、キティ版が日本で出ないの一部で暴動が起きそう。そして西川版も出ると、それはそれで暴動おきそう

い:くまもんが黙ってないですね

野:HHKB黒モデルに赤い丸を2個つければOK

い:それでいきましょう

堀:どうせなら来年にむけて紫版もシン・HHKBですよ

い:そうか、限定販売戦略ならいけますね

野:映画館で販売かー

い:最近はゲーム実況にもアイドルが進出してきてますから、坂道モデルもいけます。握手してキーボード売る

野:ゲームには相性いいですね

い:HHKBとAKBもほらなんとなく似てるし、、、そうか、そうなってくると見せキーボードの時代がきますね

野:魅せプならぬ、魅せキの時代かー

い:つまり、こういうことです

い:いやあ、やはり「戦いとは、常に二手三手先を読んで行うものだ」ですね

野:ちなみに、これ、高校生に今はやっています

い:これはたしかに癖になりますね、、、もう3回見てしまった

堀:つまり、キティでくまモンでエヴァでAKBと、来年の China Joy はすごいことになりそうなので、ぜひ取材させてください(笑)

い:それだ

野:行きたい~

い:来年はこの対談を上海でやるわけですね

堀:提前谢谢!(よろしくおねがいします!)

い:本場の小籠包おいしいだろうなあ

野:「ハオチーライライメイクーニャン・ゴージャスデリシャスデカルチャー」こういうお店にいきたいー

い:ハオチー(おいしい)ライライ(さあさあ・きなさい)メイ(美)クーニャン(お嬢さん)!それだ!

堀:よろしくおねがいしまああっす

い:お願いします!

堀:おねがいします!

 

shares