レンズ沼連載、沼ロケ4日目の第6回、CP+2018の会場からまだまだ続きます。ここからだんだんレンズ沼っぽい感じになっていきますよ。というか、今回は特別ミッションの話から。

登場するのは、今回も3人の沼の住人。

  • 松嶋初音(@hatsunex)レンズ沼師匠、CP+でにやけ顔連発中
  • 荻窪圭(@ogikubokei)デジタル師匠、α7Ⅲはもう手配したのでしょうか?
  • いしたにまさき(@masakiishitani)沼ウォッチャー、まだX-H1悩んでます

いしたにまさき:さて、SIGMAです。実は今回、私にはミッションがあったんですよ

松嶋初音:きたー!

い:CP+初日はSIGMAブースには山木社長がほぼ確実にいらっしゃるので、この写真を撮りたかったんです!

初:これ嬉しかった!一緒にお写真!

い:沼フォト、いい写真だ。そもそも、私が初音さんとカメラの話をするようになったのも、DPがきっかけでしたからね

初:でしたね!

い:フォビオンを称えよ!

荻:おお、そうでしたかー

初:クアトロを持ってた二人でしたからね(笑)

荻:クアトロ談議(笑)

い:まあ、どうかしてましたね。われわれ

初:はい(笑)

 

い:あと、せっかく山木さんにお会いできたので、SIGMAレンズのEマウント対応の話を聞きました。あの話、超わかりやすかった。主にAFの違いでしたっけ?

荻:AF-C時の挙動ですね

い:そうだ。それで動画撮影時のAFにいちばん差が出ると

荻:ちゃんとソニーのライセンスを受けて作った、と

い:すばらしい

初:あれはいいですよね

い:みんな安心してSIGMA買おう

初:うん!!!そうだそうだ!

い:動画でもOKだぞ!ということで、初音さんも荻窪さんも買うんですよね

荻:シグマのレンズが使えるってのは大事ですものねえ

い:おれはEマウントカメラ持ってないので買えませんけど

荻:Eマウントカメラを買えば大丈夫です。わたしもNEXをずいぶん前に売っちゃったので(笑)

い:α7Ⅲ買うんですよね

荻:うううう。お金ない。レンズ買えない

い:Gレンズは無駄にでかいし、やっぱSIGMA

初:ううう

荻:α7Ⅲに24-105mmF4をつけると、ひらくPCバッグnanoが膨らむ。。。

い:それは無理です(笑)

 

初:SIGMAといえば、あれおもしろかったですね。センサークリーニング

い:センサー磨き!

初:あそこのプロフェッショナルってかんじすごかった

荻:職人さんが集中して掃除してる姿がたまりません。みんなで食い入るように見てましたものねえ

い:職人さんの手作業を見れるのはホントよかった

初:SIGMAらしくてよかった

い:あの職人さんの光景がずっと頭に残っていて、で、家に戻って、またこれ見ちゃったんですよね。やっぱ、会津行きたいなあと

初:会津行きたい!

荻:いいですねえ、会津。わたしも会津好き

い:このSIGMAのPR動画、セリフほぼなくて36万再生っていうお化けPR動画なんですけど

初:すごい動画だ

い:これ震災の翌年に出しているというのもSIGMAらしくて、われわれはここで戦うと言ってるわけで、ぐっとくるんですよ、これ

初:泣けるわあ

荻:つい動画見ちゃった。あ、みんな見てたので無言だったのか(笑)

い:ああ、また最後まで見てしまった

初:見入っちゃうんですよ(笑)、ぜひみてほしい

い:で、ついでに山木さんがいたので(何回目だ)会津行きたいですと言ってみたんですが「どうぞ、どうぞ」と即答。さすが山木さんや!

初:今度約束を果たしましょう!!

い:えーと、年内ぐらいには(笑)

初:はい(笑)

荻:行きます行きます、さざえ堂!

い:やっぱり、そこですか(笑)

初:あそこすき!!赤べこ買おう

荻:秋なら渓谷で紅葉ですよねえ。春なら、桜の古木が何本かありますよねえ

い:車だと遠いかなあ、あれ、おかしいな。新幹線でも車でも4時間だ、、、

荻:新幹線だと、郡山からの磐越西線が時間かかりますからねえ

い:トンネルができたので、那須塩原から車が最速のはずです。会津高原抜けるルートです

初:おおお!トンネル!

荻:裏磐梯!

い:那須なんてすぐですから、新幹線なら

初:那須塩原行ったら牧場みたいなのありそう

い:会津下郷とかいいですよ、「塔のへつり」がフォトジェニックです

荻:塔のへつりで紅葉愛でたい!あの辺、会津鉄道から愛でました

い:いいところです。いい鉄橋ありますぜ、旦那(笑)

初:いきたいなああ

い:もはやSIGMAと関係なくなってきたので、次にいきましょうか、、、

 

ということで、次はオールドレンズユーザー必見の回です。

▼レンズ沼連載マップ

 

▼レンズ沼ロケ4日目全部

shares