いしたに まさき:すっかり花粉症の季節がつらい、いしたにです。普段なら、ここから軽い自己紹介なのですが、今回は「皆様に大切なお知らせがあります」です

野間 恒毅:えっ!まさか!

い:まさかです

野:すごいドキドキする奴だ!結婚!?

い:違います

野:となると、、、告知ですか?

い:卒業です

野:春なのに~お別れですか~

い:ということで、自己紹介どうぞ

こうじりゅうじ:はじめまして 長野で僧侶をしております、こうじりゅうじです

野:ぱちぱちぱち!

こ:2期生ですね

野:アイドルグループにありがちなw

い:たった1人の2期生ですね

こ:いつでもどこでも変化球です

い:よろしくお願いいたします

野:よろしくどうぞ!

こ:よろしくお願いいたします

い:で、1期生の堀さんはですね、、、

野:元気にしてるのでまた出会う日まで!

い:はい!ということで、こうじりゅうじさんを知らない人もいると思いますので、なんで長野の僧侶が、、、と思う人もいるかと思うので、というか元エンジニアだったりして、つっこみどころが多い人なので、自己紹介を聞きつつ、私とPFUとか寺とITとか、その辺の話を聞ければいいかと思っております

こ:普通に家庭に生まれて、工学の大学院出て、晴れてエンジニアになったのに、お寺の一人娘と結婚するため僧侶になった激レアさんです

い:ちょっとw

野:えーーーっと、マンガですか?

 

こ:このあたりを最初に拾ってくてたのが、Evernoteさんで

い:法話の PDCA 管理というパワーワードが出てきてますねw、どういうことだw

こ:「私僧侶なんですが、Evernoteめちゃ使ってます」とEvernote公式Facebookに直談判したのが始まりです

い:そこからはじまったんだw

こ:で、Evernoteの中の人に「Scansnapもめちゃ使ってる」とお話したところ、PFUさんに繋いでいただけて、Scansnapアンバサダーに即日採用されました

い:まあ、寺といえば資料は紙なんだろうなあということは容易に想像できますけど、そこにScanSnapまで登場するとはw

こ:紙の保管期間が尋常じゃないので、100年とかですから

い:あーあー

野:はははw

こ:効率化とともに、対災害としての電子化。という意味もあります。一昨年は長野でも堤防決壊して浸水被害などもありましたし

い:浸水はこわい。100年の資料が一発でアウト

野:浸水した蔵書はほぼ廃棄ですものね。火事も怖いけど水もこわい

こ:大事なのは、紙そのものでなく、書かれていることである

い:ほうほう

野:つまり情報だと

い:そうか、そう考えればIT化してないのがそもそもおかしいって話なのか

こ:元々は紙自体が高度なIT技術でしたし。パピルスとか

い:いつの時代の話だwww

野:最近旧街道歩いていて石碑みると感じますね、歴史文化は文字情報で継承されてきたと。あれはITだったのかw

こ:こちとら、元は2500年前の情報ですから

い:そうか、、、拓本って、スキャンってことかw

こ:貝葉経とか紙じゃなく葉っぱ

い:まじで?

野:え?

こ:三蔵法師が天竺から持って帰ってきたのは、紙の巻物ではなく、葉っぱに書かれたお経です

い:竹ですらないのかw

野:巻物だと勝手に思ってたw

い:いや、なんか。どっかに行くのにいちいち必要な紙全部持っていくわけにはいかないよなあとか思ってたんですが、紙ですらないというねw。そうなると、いわゆるローラー型のScanSnapだけではダメってことでもあるのか、SV600が必要だ

野:まさに写経w

こ:今うちにあるのは江戸末期の書物からですが、裁断できないので、SV600大活躍してます

い:ああー、そうなるよなあ。そりゃそんな時代の書物切れないよなあ、無理無理w

こ:ちなみにPFUさんはこういったこともされてます。寺社にポータブルで非破壊スキャナ持っていって、その場でスキャンできる装置です

い:このスキャナー見たことないやつだ

こ:実証実験中だそうです。寺社の外に持ち出せない重要な古文書もこれで電子化可能に

野:それ大事ですね。いつなんどき焼失するかもしれないから、はやくクラウド保存しておきたい。大事な日本の歴史文化です

い:いい仕事してるなPFU

 

い:いや、SV600ってこういうプロジェクトでも使われていて、最新メディアアートの領域と古文書が同じテクノロジーの恩恵を受けているというのは、実におもしろいw

野:現在過去未来、時代を問わず活躍してますね

こ:実は写真のスキャンとかにも使えるんですよね。SV600

い:そういえば、こんなフォトコンテストもあって、古い写真でのフォトコンテストです。こんなのスキャナーがないとどうにもならん。ということで、PFUは スキャンでつながる「今」と「昔」賞 というのを提供しております

こ:SV600には、マルチクロップという超絶機能があります

また、「マルチクロップ機能」により、読み取り範囲内に置いた複数の写真(最大10枚まで)を一度に読み取ることができます。

い:ああ、マルチクロップすごいよね

野:昔のフエルアルバムとかに便利すぎるw

 

い:ということで、今後2期生のこうじりゅうじさんを新メンバーとしてやっていきますので、引き続きよろしくお願いいたします

こ:よろしくお願いいたします

野:よろしくお願いします!

 

shares