いしたに まさき:この3カ月ぐらいで、すっかり数年から10年分のことが動いたとも言われるきょうこの頃ですが、なんか気づいてみれば、ゲーム配信YouTuberが最強人種みたいになってますね

堀 正岳:本人の顔すらでなくてよい、声のいいタイプのが最強中の最強

野間 恒毅:Stayhomeに強い業種。確かにモトブロガーとか旅行系は全滅です、キャンプ系とかもw

い:だはは。荻窪圭問題ですね、それw。で、ほら、テレビもすっかりZoomとか使うようになってしまったわけですよ。正直、YouTubeの方がきれいなんですよ。あれ?どうしてこうなった感。サービスが使っている帯域考えれば、YouTube最強なの当たり前なんですけどね

堀:最初、きれいなオンライン授業をつくろうとしていたひとびとがみんなギガ問題に敗退して原始的手法になっていくの、なかなかみていてつらいw

い:それあるよなあ。どこぞの大学も授業開始と同時に落ちたとかなんとかw

野:Cuseemeからやり直した方がいいね。インターネット老人会の出番ですよ

い:1992年に米コーネル大学で開発、ほぼほぼ30年前かw

野:こうやって全世界の人がTV会議するとは、まさかその時は思ってない。もちろんそう願っていたけどw

い:そうですよねえ

堀:オンラインでとか、テレビ会議でというところが注目されるのですが、これで人と人が会ってという部分さえもが端末に置き換わってしまって、全員がキーボード叩いているというのが面白い。先日まで調子いい感じでプレゼンしていた人も全員ですよ(笑)

い:VRとかじゃなくてねw

堀:ある意味、時計が3年ほど進みましたね

野:いや、世界線が変わったんですよ

い:聖杯のせいかもしれません

 

い:で、冗談はその辺にして。さっきの堀さんの全員そうなったというのは、重要な指摘で、ちょうどこんな記事があったんですよ。サイボウズの事例ですね、全員同じオンラインになって同じになった。ここはけっこう大事なポイントだなあと

サイボウズの地方拠点の社員に言われたんです。「本当に“全員”がオンラインになったので、ものすごく働きやすくなった」と

堀:最後に残ったのは時差だけですが、日本だとそれもないですからね

い:あー、なるほど

野:うちの会社、もともとオフィスがなくて全員リモートで、ミーティングはずっとZoomでしたが、一人ハワイ在住なので、時差だけ問題

堀:あはは

野:いつも眠そうです

い:ハワイだからいいですw

堀:これまで通りリモートで、普段どおり、部署ごとの報告をゆっくりとさせる会議を実施していた研究所があって、そうしたらあるときみんながほぼ同時に「これ、無意味だよね?」と気づいたらしく、、、「各部署の報告はPDF1枚で出して、あとで適当に読むように」と通達が出たと

い:だはは

堀:これまで顔を合わせていたときには仕事してる雰囲気だったものが、すべて焼きだされて無駄になっているというw

い:なぎはらわれたわけですねw。で、ほらPFUも横浜に拠点があって、石川のかほく市にも工場や開発を含めての機能があってという会社なわけで、さっきのサイボウズの事例の記事を見せてみたんですよ。そしたらですね、こういう返事がw

全員がオンラインになって見えてくる感じ。すごい実感できますw(PFU担当社員)

野:帯域格差だけですね、起きるのは

い:ただ、同時にこれもw

在宅環境3万円なんでもありが羨ましい(PFU担当社員)

野:え

堀:3万かあ、なにが買えるかな

い:そこですよね

3万あればHHKB買えるので、これ一発で終わってしまいますがサイボウズ社員にアピールしたいですねw(PFU担当社員)

堀:うむ

野:商魂たくましいw

い:頼もしいですw

 

い:で、ここからようやくきょうの本題です。前回、REALFORCE の話は次回で!としていたのですが、忘れてましたか?

堀:ほほう

野:ふむふむ

い:HHKBもRealforceもそうなんですが、高級キーボードの話って、どっかでWindowsの話ですよね。HHKBはもちろんMacでも使えるんですが

堀:でも、コマンドキーとか、オプションキーみたいなものへの割当は、自前でやらないとですね

い:そうそう。で、ですね。こういうことであります!これ、待ってた人もけっこういるんじゃないかと

東プレ株式会社製の高性能キーボード「REALFORCE for Mac」のPFU 向け限定仕様「PFU Limited Edition」4 モデルを5 月21日より、PFU ダイレクトにて独占的に販売開始

い:いや、おれ今Mac使ってないので、基本関係ないんですけど、最初リリースの話を聞いても、正直ふーんって感じだったんですけど、この「REALFORCE for Mac」!かっこよくないですか!なんかずるい!

堀:おおー

野:これはほしい

い:ですよね

堀:これは Mac ユーザーが無視できないようにしてますねえ

い:黒も白もいい

堀:Mac のキーボードだと CTRL の部分が Capslock になっていますが、これは変えられるんでしょうねきっと

  • CapsLockとCtrlキーの入れ替えやインジケーターLEDの色設定ができるMac専用ソフトウェア

い:ありますね

堀:LEDの色設定ですと??

い:そこひっかかりますよねw、右肩のところが光るみたいです

堀:いま、Apple の出している別売りの Magic Keyboard テンキー付きというのが、これはこれでカーソルキーもいい感じなのですが

い:デカいなw

堀:そう、でかいんですよw

野:テンキー、普段いらないですね

い:まあ、いらないですね

堀:テンキーが無いと、カーソルは小さくなるという、、、

い:ちょおぉお

堀:まあ、それほど使いにくくはないのですが、なんていうんですか、タッターン!感がない(笑)

い:それかあああ

堀:なのでこの Realforce for Mac、Mac にしては存在感もあって、打ちごたえのあるキーボードがほしいという人たちにはちょうどよさそうですね

野:

い:でね。「PFU Limited Edition」ってなんなのさ?ってところなんですが、これよくないですか!

  • キー押下圧はHHKBと同じ45g
  • HHKB Professional HYBRID Type-Sと同様の静音仕様を採用

堀:へええ

い:というか、おれ今Windowsなので関係ないといえば関係ないんですが、この感じでWindows版だせ!っていう気持ちです。なんなんだこれはw

堀:たぶんWindowsでも使えるんじゃ、、、わかりませんが

い:いや、製品としてはREALFORCE R2 テンキーレス「PFU Limited Edition」というのがあるんですよw。というか、そっちが本家ですね。でも、あきらかにMac版の方がかっこいい!

野:なんか昔のオフィス用キーボードみたいな配色ですね、Windows版。

い:いや、別にMac版見るまではあんまりそこまで気にならなかったですけどね。Mac版を見てしまうとそういう感想になりますよね。ちくしょおお。とはいえ、ここでMac買うわけにもいかないんですが、、、いいなあ、Macユーザー

堀:これは触ってみないとですね…

野:いしたにさんMacもってないんですか?

い:持ってませんよ。いまやiPhoneも使ってないし、iPad Proだけですよw

野:え?それはびっくりだ

い:ええ、自分でもびっくりです

堀:でも Mac ユーザーって、アップルのデザイン至高!という人多いから、今回のこのデザインで勝負をかけるというのはいいですねえ

い:いや、ホントこれいい勝負だと思いました

堀:特にいまやはしごを外された旧キーボードのMacBook / MacBook Pro のみなさんは、リモートワーク中にこういう重量感のあるキーボードでせめてもの反撃をしてもいいのかも(笑)

い:あれはひどいw

堀:僕は嫌いではないのですが、壊れるのは、ねえ

野:それはひどい

堀:だから、本体をなるべく叩かないためにも、タッターン!できる外部キーボードですよ!

い:えーと、それでいいのかw

堀:叩き込むんですよ!よくわからない感情もなにもかも!

野:堀さんが壊れてるw

堀:というわけで使ってみます

い:なお、今回も新発売キャンペーンが実施されます。先着300名なので、これ瞬殺ですかね、、、

PFUダイレクトで、期間中に新商品REALFORCE for Mac テンキーレス「PFU Limited Edition」をご購入いただいた方先着300名様に「RFウッドパームレスト(クリアー色)」 をプレゼント

野:急がないとw

堀:Macユーザーの本気が試されていますね。

い:しかし、まあなんというか、まさかキーボードのせいでMacが欲しくなるとは予想外でしたw

堀:まさかここまでデザイン変えてくるとは、、、てっきりいつもの感じかと

い:そうなんですよ!

堀:いずれにしても、とにかくこの REALFORCE for Mac テンキーレス「PFU Limited Edition」 使ってみますね

い:お、それは後日のレビューが楽しみです

野:じゃあ、次回はその話になりそうですね

堀:はい、次回以降で!

shares