いしたに まさき:ということで、どうもカバンデザイナー。おっとグッドデザイン賞受賞のカバンデザイナーのいしたにです

堀 正岳:こんどは ScanSnap iX1500 が入るかばんですか!

い:それはさすがに入らないです。というか、持ち運んでどうする(笑)

野間 恒毅:どこでもスキャンできるバッグ!

堀:北極にもっていく PFU の人だけが喜びそう

い:いや、PFUの人は北極には行かないでしょう

堀:僕は行きますが、船にはもう装備されてますからねえ

い:そらそうだ、、、

野:いっそのことエクストリームアイロニングみたいな、エクストリームスキャニングでもやればどうですか?

い:エクストリームスキャニングってなんだ、、、???

野:エクストリームスキャニング

い:空かよ!

野:エクストリームスキャニング

い:海かよ!

野:サメもおるで

堀:スキャニングもこういう競技にすればいいんですね

野:そうです

い:どういうこと、、、

野:映えればいいみたいです

い:トム・クルーズが戦闘機でスキャンとか?、そういうことですか

野:それいいですね!

い:たしかにエクストリームではありますね

堀:「標的はどこだ!」「まってくれ、いまスキャンしてるから!」

い:いかんいかん、この予告編つい見入ってしまう、、、

堀:これは PFU が耐G室も作る流れ

 

堀:で、前回「ひらくPCリュック」に ScanSnap iX100 が入るという話でしたが、これならハードなモバイラーでも満足いくくらいいろいろ入りそうですね

い:そもそも、一眼レフの望遠レンズの70-200mmぐらいなら入るという想定で考えてますからね。あれ、そこそこ体積ありますから

堀:バズーカを縦に入れて持ち歩く、と(笑)

い:そう、縦に入れるんならいけるんじゃないかと

堀:最近、電源はわりと USB Type-C Power Delivery でいけるようになったおかげで、あのカバンのなかでとぐろを巻く長ったらしいコードとかアダプターを考えなくてすむようになったんですよね

い:アダプター無視できるの大きいですね。PCでもちょいちょい電源もUSB Type-C PDというのが出てきてますしね

堀:なので、なんでも縦にいれるカバンやリュックって、タイミングいいと思いました

 

堀:あれ、これだと HHKB は当然として、RealForceですらいけそう

い:で、当然そうくると思ってたですよ。そしたら、もう記事が出てました(笑)

堀:やっぱり(笑)

僕が普段使いの鞄として愛用していたのはminiだったので、個人的にはminiが大きくなったっていう印象があります。

え?なんで通常サイズを使わないのかって?もちろんHHKBが縦向きに入らないからですよ。これがminiやリュックなら入ります。HHKBが持ち歩ける、それが実現できるカバンが僕の中で思う素晴らしい鞄です。

野:通常のひらPにHHKBは横に入らないんですか?フットプリントの問題かな?

い:横には入りますよ。でも、それだと他のもの入らないですよね(笑)

野:まあそういうことですか

い:ひらくHHKBバッグになってしまう(笑)

野:ひらくHHKBバッグwww、それ面白い

 

堀:ひらくPCリュック、なにげにPC入れる場所の手前にもう一個スロットあるじゃないですか

い:iPadとか、タブレット入れるようのスペースですね

堀:MacBook 12inch ならあのポケットでも十分入るんですよね。で、最近 HDMI でつなぐ小型ディスプレイもけっこうでていまして

い:パネル2個かよ!

堀:これと HHKB まで全部入れて、完全に動くオフィスもできますね。僕は一個もってるんですが、縦置きして原稿書くの、エクストリームでいいですよ(笑)

い:持ってるのかよ!でも、縦置きで原稿はわかる!テキスト量の把握にいいんですよ、縦配置

 

い:で、どこでもオフィスにできるってのはいいんですが、そうなると机を選べないわけです。そんなみなさんに!HHKB吸振マットHGです。これで、もうHHKBがすべらなーい!

堀:マニアックなやつきた

HHKB吸振マットのハイグリップ版! 厚さ3mmのマイクロセルポリマーシートでキースイッチの振動・反発を吸収するHHKBアイソレータです。 表面にエンボス加工を施すことにより、より強固に机に密着します。 余計な力を吸収して、キーボードのタイピングを改善。HHKBをより快適にお使いいただけます。

野:ハイグリップタイプ(笑)、打鍵の振動や騒音が減るのはいいですね。しかもずれない

い:キーボードにとって動かないのって、まじで正義だもんなあ

堀:これ、まさに「必要だと知らなかった」というタイプの製品で、たいていのものって「あ、それはわかる。便利そう」ってわかるわけですが、これはちょっと信じて飛び込んで買ってみるとなるほど動かないのはいいことだってわかるタイプの製品

い:なお、さっき話に出たREALFORCE版のRF吸振マットHGも出ました

素材は振動吸収力に優れた厚さ3mmのマイクロセルポリマーシート。
微細で均一なセルがタイピング時の反動を吸収して指や手首を守り、「REALFORCE R2シリーズ」シリーズの快適なタイピング感覚をいっそう向上させます。

堀:RealForce の買う!いま職場は RealForce なのですが、とても静かな場所なので、これはありがたい

野:とても静かな職場…カタカタ音目立ちそう(笑)

い:なお、RealForce、ひらくPCリュックに計算したかのように入ります

い:まあ、計算してたんですけどね(うそです)。まあ、ScanSnapプレミアムアンバサダーともなると、計算したくても、自然に最適なサイズを作ってしまうんです(そういうこととご理解ください)

堀:iX1500「げせぬ」!でも縦なら入るかも…?

い:いやあ、フットプリント的にさすがに、、、というかだから、iX1500を持ち運んでどうするんですか(笑)

野:やっぱりエクストリームスキャンニングしたいんですか

い:私はしたくないです(笑)

野:外に持ち出すと傷だらけになりますよ!

い:あ!そうか!エクストリームスキャンニングのために、iX1500の保護フィルム「OverLay Plus for ScanSnap ix1500(保護フィルム)」があったのか!

堀:おおー

OverLay Plusは蛍光灯など照明の反射を抑え、液晶パネルにつく指紋や汚れを目立たなくする低反射仕様の画面保護フィルムです。
国産素材を使用し、設計、製造含め全て日本国内で行っています。

野:『その手があったかーーー!!!』

堀:いつも安心と安定のビザビさんじゃないですか!

野:そのフィルムさえ貼っておけば、埃っぽい場所でも安心

い:まさに『こんなこともあろうかと、、、』ですね

堀:おそらく iX1500 の機械部分はおそろしく頑丈で、たぶんタッチパネルのほうが先に傷つく勢いなので保護シートは正義ですね

い:やるなあ、ビサビ

野:超高度9H!かったそうー!

堀:ビサビ社長、個人的に知り合いですがいいひとですよ(真顔)

野:マリリがカワイイのはよくわかりました(笑)

い:たぶん知り合いですけど、たぶんいい人です

野:じゃまあフィルム貼ればどこでスキャンしても安心ってことで、この夏エクストリーム・スキャンニングにチャレンジしてみては?

い:ビーチでスキャン!

野:みんなのエクストリーム・ツイート、まってるぜ!

 

shares