レンズ沼連載、沼ロケ8日目の第6回、いよいよ後半戦です。やっぱレンズも見ていかないといけませんな。

登場するのは、今回も3人の沼の住人。

  • 松嶋初音(@hatsunex)レンズ沼師匠、ツナチェダー一択っしょ
  • 荻窪圭(@ogikubokei)デジタル師匠、LOMOのアレはなくす
  • いしたにまさき(@masakiishitani)沼ウォッチャー、FUJI愛用中

いしたにまさき:さてさて、フルサイズミラーレスも見たところで、この辺で一度休憩したんでしたっけ

荻窪圭:ちょうどお昼でしたし

松嶋初音:うどん屋が!無くなってた……

荻:パシフィコ横浜のお店が様変わりしてた

い:ということで、ドトールでしたね(笑)、ランチはツナチェダー、ツナチェダーいつでもおいしい

初:定番のツナチェダーチーズサンド、おいしかったなー

荻:自分が何食べたか覚えてない……なんかのサンド

初:荻窪さんだけエビのなんか食べてましたね

荻:そうそう、エビとなんかのサンドで

初:ドトールはツナチェダーとミルクレープって決まってるんですよ

い:なんでツナチェダー食べないんだろうって思ってました

初:私もです

荻:がーん、実は食べたことない>ツナチェダー

初:えぇー!

荻:しらんかったわー

い:驚愕!

初:吉野家行って牛丼食べないみたいなもんですよ

荻:がーーーーーーーーーーーーん

い:ドトールの選択肢、ミラノAかツナチェダーのどっちかですよね

初:ですね。ホットドッグも美味しいけどあれ二本食べたくなる

荻:いつもミラノAかホットドッグだった。ツナチェダー知らなかった。。。

い:レタスドッグはなんか負けた気がします

初:レタスドッグわかる。負けを感じる。あの一枚の野菜は黒烏龍茶に近い何かがある

荻:がーーーーーーん。レタスドッグはよく食べてた……

い:ということで、荻窪さんはツナチェダー食べてください

荻:覚えておきますツナチェダー

い:ということで後半戦いきましょう(笑)

 

い:後半はレンズ沼では、おなじみのLOMOです。またすごいの出してましたね

初:なんか怪獣みたいな名前、、、ロモゴン(Lomogon)!

い:ロモ、またしぼりで無茶しやがって、、、

初:しぼりが飛び出してましたね

い:これはあれですよね、例の差し込む方式を改善したってことなんでしょうね

荻:もう、ロモといえば絞り、ってことになったようで

い:ほら、荻窪さんがなくすから(笑)

荻:はい、あれはもうなくします。縦位置で構えるとずりっと落ちそうになるし(笑)

い:とうとう、否定しなくなった(笑)

荻:あれ使ってるときは、落とさないように無くさないようにと緊張してました(笑)

い:あはは

初:でもこれはこれで、ね。大雑把な人はぶつけそう(笑)

荻:でも、こういう剥き出し絞りは写真の勉強にもよいです! 絞りを変えると写りがどう変わるか一目瞭然で

い:まだKickstarter中だったかな

初:ものすごい速度で達成してませんでした?、cp+の時にはすでに達成していて、もう選べないプランとかありましたね

い:いずれにしても、普通に売るようになったタイミングとかで、またLOMOさん行きますかね

初:ですね!、いろいろお世話になっていますし

い:あと、個人的にはこれグッときました。ロモのポラの全部入りセット、学生さんとかに買ってもらって、たくさん失敗して欲しいです(笑)

初:ポラだから失敗がわかりやすい(笑

い:でも、すげえいい勉強になるはず

初:たしかに!

い:ということで、LOMOさんは定常運転で素敵でした(笑)

初:やっぱり好き!独自のラインを攻め続ける姿勢がすき!

い:ですね、このまま、がんばって欲しい

初:うんうん、それで次どこでしたっけ

荻:まだ大手カメラメーカーが残ってます!

 

い:はい、Panasonicと言いたいところなんですが

初:おお!

い:いやあ、とにかくS1の列がすごくて(笑)

荻:そうそう。S1とS1Rの体験コーナーが大人気で

い:やっぱ、大きいなあと遠巻きに見ておりました。実質、あれプロ機材ですよね(笑)

荻:です。プロ向けといってますし

初:大きくて、なんだか自分には関係のない世界だなと思っちゃいました

い:どうせ買えないしー

初:買えないもの、手の届かないものに意識がいかないタイプ

い:でも、そういうもんでしょ(笑)

荻:わたしは発表会で現物をすでに触ってたので、特に並んでまでいじらなくていいかな感があり。。。

初:遠目で見て通り過ぎるスタイル

荻:いやあ、イイカメラですよー>S1。頑丈だし、ファインダーはめちゃ見やすくて自然だったし

初:悪いカメラとは一ミリも思ってないんですよ。次元の違うカメラだなあって思ってます(笑)

荻:S1/S1Rはターゲットがはっきりしてるカメラですから、それでよいかと思います

い:まあ、Youtuberすらオーバースペックですよね(笑)

初:プロのみなさまにおまかせしますの世界

い:ということで、FUJI向かいました(笑)

 

い:で、FUJIですが!いきなり、これで笑いました

初:これはほんと笑っちゃう大きさのセンサーでしたね

荻:なんと1億画素!このデカいセンサーを動かしてボディ内手ブレ補正をいれるそうですよ

い:まじかー

初:すげえなー

荻:すげー

初:撮ってみたいけど、撮られたくない、そんなカメラ

荻:たしかに、GFXはセンサーでかい分、油断するとすぐブレちゃいますから

い:まあ、中判の向こう側ですからね

初:すごいなー

い:ある意味、FUJIもつっぱしってる(笑)

初:勢いもあってすごい(笑)

荻:はい。フルサイズなんて目じゃない感がたまらんです

 

い:続いてFUJINONレンズ。FUJIはホントレンズもすごくて、FUJIのレンズを使いたいがためにFUJIに転んだ人を何人も知ってます。この望遠もすごかった

荻:カメラ本体が見えない(笑)

初:顔の大きさと比較すると面白い。本体あるんだけど、すごく不思議ですね。この小さな本体にこのレンズ

い:初音さんがカメラ小僧みたいになってました

初:撮るよ~撮るよぉ~、この時の被写体役の方がまあーーいい人で!絶対に目線くれるんですよ

い:FUJIはそういう教育しているんですかね。歴代、いい人が多い

初:あれは最高でしたね。おじさんこのレンズ買っちゃおうかな、ってそんな気持ちになりました

荻:このレンズですね、FIJINON XF200mmF2 R LM OIS WR

い:200mmのF2かー

初:200でf2だったのかめっちゃ明るい正義レンズ

初:やらしい顔してるなあ

い:顔はつっこまないつもりだったのに(笑)

初:いやもうこのにやけ方は

初:いしたにさんは慣れた感じ

い:それはそれで問題のある発言ですね(笑)

初:かわいかったなああの子

い:じゃあ、そろそろX-T30の話をしていいですか(笑)

初:しませう

い:X-T30、ものすごくバランスのいいカメラでした

荻:これはよいカメラです。かわいいし

初:うんうん

い:これ1台でも、別にいいんじゃねと思わせてくれる

荻:中身はほぼX-T3だし

い:ただ、私はX-E3持ってるので(笑)

初:それなんですよねえ

左がX-T30、右がX-E3

 

い:小さいのは小さいのですが、サイズ感とかは同じぐらいなんです

初:でも、比べるとやっぱりX-T30がちいさいのがわかりますね

荻:X-E3って意外にデカいんだなという気に

初:なりますねえ、不思議なもんですね

い:要するにX-T3より小さい(笑)。なので、X-T30でデビューできる人は幸せだなあと、X-T3よりもかなり安いし

初:どこから始めるかっていうのは面白いですよね。カメラ人生はいつからでも始められますし、いつでもリスタートきれますからね

荻:X-T20が出たときも、これならX-T2じゃなくてこっちがいいやって人がけっこう出ましたからねえ

初:おいでよカメラの沼

い:そして、上は1億センサーまであるFUJIの沼こわい

初:夢は広がる一方ですねえ

い:あと、FUJIのいいところは、気になったらFUJIのショールームでわりと気楽に試せるところだと思います。その場で貸してくれるし

荻:ああ、それはいえます。体験させてくれる

い:ああ、それはいえます。体験させてくれる。

初:たしかに!

い:ホントいいバランスだと思うなあ、X-T30

荻:手頃でカメラっぽいカメラを使いたい人はこれですね

初:なるほど

い:いよいよXマウントが熟成してきたなあと思います、実際私の周囲でもFUJI使ってる人多いです

 

▼レンズ沼・CP+2019訪問のすごくざっくり動画

#レンズ沼 CP+2019 訪問 GR3→SHIFTCAM→Adobe Rush をお届けしますw from masakiishitani on Vimeo.

▼レンズ沼連載マップ

shares