いしたに まさき:どもども、花粉症になってしまいました。いしたにです。3月がこんなにつらい季節とは知りませんでしたよ。

堀 正岳:わたしも絶賛花粉症のほりでず

野間 恒毅:マスクが手放せない季節ですね。なんとか踏みとどまっている野間です

い:で、おっさんの花粉症トークはどうでもいいのですが、3月はHHKBの記念すべきリリースがありました。「Happy Hacking Keyboard」 全世界累計出荷台数50万台突破であります!HHKBが50万台すごいよなあああ

野:50万台!

堀:キーボードで50万台というのは偉業ですね

野:こんなマニアックなプロダクトが50万台とは…

い:1996年発売なので、22年かかってるんですが、それにしても、20年超えて愛されているからこその50万台

野:同じプロダクトが22年も継続していることも凄い

い:そこですよね

堀:ユーザーも、たいていはパソコンに付いてくるものなのですから、わざわざ選んで買っているツワモノ揃いですね

野:だって当時OSなんですか? Windows95?

い:だと思います(笑)

堀:今の若い人そんなOS知りませんよ(笑)

野:えっ!?

堀:「なんで年号入れるんすか?」って言われそう

野:Windows10って2010年リリースって意味じゃないんですか!?

い:Windows10は2015年リリースです(笑)

 

堀:そう思うと、HHKBってよくまあほとんどモデルチェンジもせずにここまできました。Lite と Professional でそれぞれ2つありますが、コンセプトはずっと同じですしね

い:そして、和田先生からコメントが寄せられています

堀:画面は三次元のペンローズ・タイル?

い:そうなんですか(笑)

堀:和田先生もついに尊師スタイルというのが、時代の流れを感じさせますね

野:どういう意味ですか、尊師スタイル?

堀:ノートパソコンの上に外付けキーボードをわざわざ置いて使う尊師の愛称で知られる Richard Stallman が広めた使い方ですね

野:ははー

堀:で、和田先生もノートパソコンが中心のスタイルになったのだなと思うと、道具は同じでも使いかたは進化しているともいえます

い:で、1996年というのが、どういう時代なのかというと、おれたちの統括本部長である松本さんのツイートがこちらです。テレカですよ!

野:PC/AT Macintosh SPARCStation !!それこそ過去の遺産

堀:これは…テレホンカード…噂では聞いたことがあるが…

い:知っているのかめほり!?

堀:もう知らない人には説明するのも面倒ですよねテレカ。PC/ATも

い:当時、たしか中山美穂のテレカが高価な値段で取引されていましたよね。ときめきハイスクールとは関係なかったと思いますが

野:値段!!!

い:すいません、今でも高価でした(笑)

堀:これはすごい

野:ゲームの途中にリアルに電話させるというトラップは新鮮でしたね、ときめきハイスクール

堀:すみません、わかりません

野:たしか札幌の電話番号がでて、市外電話が高かった時代なのでビビった記憶が

堀:ひょえええ

い:つまり、スマホどころか、ガラケーもない時代。そんな時代から愛されているHHKBですよ

 

堀:HHKBのモデルチェンジも、製品それ自体を変えているというよりは、より時代にあわせた生産方法にあわせてゆるやかに変えている感じですね

い:で、まあおそろしいのがユーザーで(笑)

い:97年1月製造、シリアル91番って、、、さすがHHKBイベントの司会やる人はすごい(笑)

堀:100番以内とは!

い:すごいですよね。そして、それをまた保存してるという(笑)

い:普通に15年ぐらい使うわけです、みんな(笑)。それでの50万台ですからね、これは尊い

堀:そこは、息長く作ってくれたPFUが本当に素晴らしいですね

い:きっと、みんな何台も買ってる気もするんですが(笑)

堀:道具って、変わっていいものと、変わると困るものがあって、キーボードは前者だというひとは多いので

い:ですねえ

野:ヘビロテユーザー(笑)

い:だから、何台も買うのか(笑)

堀:なくなったら困るので、予備も買うのが普通の世界

い:そうなるのか(笑)

堀:予備の予備があってもおかしくない。それを使えば20年は長らえることができる…

野:HHKBはアイドルか

い:まあ、推しキーボードってことですから、アイドルでもおかしくはないです

野:人間がキーボードを使う限りは作り続けられる

堀:いまも高額で取引される伝説のキーボードとかあったりして

い:アイドル界では、「推しは見つけるものではない見つかるものである」という名言がありましてね、探しているうちはまだまだだと。推しはある日突然気づくわけです。「あ!おれの推しはこれだったんだ!」と。あと「推しは変えるものではない増やすものだ」というのもあります(笑)

堀:そこわからない(笑)

い:まあ、なので家にキーボードが生えてくるのも仕方がないのです

野:車やバイクのようなものですね。自然に増えていく

い:そうそう、勝手に増える(笑)

堀:同人誌のようなものか

い:そういうことでもいいです(笑)

 

い:さて、冗談はその辺にして、HHKB 50万台達成ということで、キャンペーンが実施されております。これはまたキーボードが生えるチャンスですね。で、キャンペーンは2つ(いや3つ?)あります

い:まずはこっち

特製キーボードルーフ500個限定販売

HHKB開発の原点となった「Aleph Keyboard」配列図をシルク印刷した特製キーボードルーフを限定500個で販売

堀:Aleph Keyboard 配列図!

い:オリジンを大事にしろという教えですね

堀:粋ですねえ

野:文字化けしているのは時代的にEUC_JPあたりを使っているからだと思いますが、当時の息遣いがわかる、歴史的資料ですね。S_JISとか使えなかった時代というか、使うと怒られた時代(笑)

い:で、まあこっちはわかるんですよ。問題はもう1つの方ですよ(笑)

PFUダイレクト限定 HHKB「打鍵成就」お守り先着500名様プレゼント

堀:打鍵成就(真顔)

野:タイピングが上手くなりますように!

い:これはどういうことなんですかね

堀:やはりそういうことですか

い:知っているのかめほり!?

堀:時代は音声入力に移行しつつあるからこそ、伝説の秘儀、高速打鍵をですね…

野:うむ

い:で、まあそれは冗談として、こいつのしわざです

ScanSnapアンバサダーでもある僧侶の小路竜嗣さんにご祈願していただきました

堀:そういうことなのか

い:ごめんなさいごめんなさい。全部ScanSnapプレミアムアンバサダーがわるいんです

堀:もうしわけありません

 

い:で、謝罪も終わったので、さらにもう1つあります

「HHKB 50万台ありがとうリツイート」キャンペーン

全世界累計出荷台数50万台突破を記念して、TwitterでHHKB公式アカウントをフォローし、 公式アカウントのキャンペーン対象ツイートをリツイートいただいた方から抽選で1名様に、キートップに漆塗を施した「HHKB Professional HG JAPAN」をプレゼントします。

い:これ、ほとんどの人にはどういうことだ?っていう製品だと思うんですが、、、

堀:これは…伝説の…

野:どうしためほり?顔色が悪いぞ

堀:HHKB 10周年を記念して50万円で販売されたという、別名富豪HHKBか…

い:なんで50万円もするんだ、、、

野:「JAPAN」は英語で「漆塗」の意味です、というパワーワード

堀:「入力はいま筆記へと意味合いを変える」という強いのかなにかわからない言葉も…

い:とにかくすごい威圧感(プレッシャー)だ…

肉体には運動を起こすとき、大脳から意思を伝達する運動神経の中継機能を持つ打鍵点がある。この全身に張り巡らされた打鍵点の変化を見極めることを応用し、完成させたのが打鍵察である。ちなみに、目の周りには特に打鍵点が集中し「目は口ほどにものを言う」というのはこのことを証明するものである。

民明書房刊『医学的見地から考察した打鍵』より

野:な、なんだとーっ!

堀:つまりこのキーボードを使えば、究極の打鍵を実現することができる、ということか!?、漆の部分がすっ飛ばされている気もしますが、すごい説得力だ…

い:で、まあ冗談はその辺にして。100倍速タイピングできるのかどうかは知りませんが、とにかくこの貴重なHHKBが当たります!HHKBのご本尊みたいなもんですかね

堀:少年漫画で道具を極めると黄金になったりしますが、そこが漆塗りってところに男気を感じます。使っていない人にはわかりにくいですが、道具への愛ですよね

い:実際、打ちやすいんですかね(笑)、私も4年に1回ぐらいしか見たことないです(笑)

堀:応募して試してみるしか!

い:ホントに100倍打鍵になったら、どうしよう(笑)

野:もったいなくて、飾っておきそう(笑)

堀:秘儀!打鍵成就!ですよ

い:ああ、そういうことになるのか(笑)じゃあ、やっぱお守りを作ってくれた寺にも、このキーボードあるべきですね!50万円安い!安い!

野:御開帳するとそこにはご本尊の漆塗りHHKBが!

い:いや、ご本尊が打鍵してるんじゃないかと

野:じゃあ仏様みずからが打鍵するってことで。涅槃で打つ

堀:はっ、ハッピーハッキングのハッピーというのは、法被のことでは…

い:では、おあとがよろしいようでー!みなさん、ふるってご応募ください

堀:くらえ!破飛破禁愚漆塗打拳!!

 

▼「HHKB50万台突破記念キャンペーン」はこちらから

▼「50万円の漆塗HHKBを当てよう!」はこちらから

 

shares