レンズ沼連載、沼ロケ7日目の第4回、いよいよSIGMAの会津工場に到着しました。

登場するのは、今回も3人の沼の住人。

  • 松嶋初音(@hatsunex)レンズ沼師匠、実はけっこうなSIGMAユーザーです
  • 荻窪圭(@ogikubokei)デジタル師匠、会津までぐっすり休養済み
  • いしたにまさき(@masakiishitani)沼ウォッチャー、やっぱり工場最高

いしたにまさき:さて、SIGMA会津工場の中に入りまして、まずはお部屋に通していただきました

松嶋初音:はじめにSIGMAの成り立ちの話を聞いて、感動した!

い:SIGMAの歴史パートよかったですよね

初:発祥の場がここなんだって、変わってないんだって

い:しかも、別に会津にゆかりはなかったっていう(笑)

荻窪圭:なぜ会津に工場を作ったか、という話は染み入りました

初:わかる(笑)、それすごくいい話でしたよね。会津の人は工場作業に向いているという

荻:会津の人たちは信頼できるからここに工場を!という話でしたものねえ

初:グッときましたし、会津の人をより一層好きになりました

い:SIGMAと会津については、SIGMAのWebサイトにもまとめられてますね

荻:会津はいいところですよ。わたしはまだ5回目ですが

い:会津いいですよね、私は3回目かな

初:私も3回目かな。仕事を入れると数えられない。ご飯美味しいし、人柄がいいし、歴史あるし

荻:街を歩いてても楽しいし

初:温泉あるし

い:みんな会津っ子!

初:赤べこいるしイエィ!

荻:地元のお店もいいし

初:ほんと楽しかった

い:ごはんおいしいんですよねえ

荻:こづゆもそばも美味しい

初:だってSIGMA工場見学、まずお昼ご飯からでしたよね(笑)

い:あ、そうだった(笑)

荻:社食のおそばいただきました

い:社員食堂!

初:製麺したてのそばが食べられる!

い:いい食堂だった

初:みんな私たちを見てましたね……はしゃいでたからかな

荻:なんか怪しい人たちが工場にいる、と思われたに違いない

初:私、納豆と卵取りに走ったし……

い:まあ、工場の中にいると異色ですよね、、、

初:ですねえ

 

い:で、ひと休憩して、いよいよ工場進入だったわけですが、ここでまた上がりました

荻:はい、帽子と白衣ですね

初:きたーー。これ嬉しかったなあ。盗みた……なんでもないです

https://twitter.com/masakiishitani/status/1057491085801541633?s=21

い:帽子がね、グッときますよね。SIGMA帽、これ、売って欲しい

初:ほんとそれ

荻:SIGMA帽!

https://twitter.com/hatsunexjapan/status/1057492040022417409?s=21

初:お着替えした三人。しかも移動がSIGMAカーでしたね

https://twitter.com/hatsunexjapan/status/1057492591766355968?s=21

い:中に入るなり、とりあえず撮影してました(笑)

初:問答無用で(笑)

初:なにこの謎のエージェント(笑)

 

い:で、話をもとに戻しましょう(笑)。まず行かせてもらったのがマグネシウムの生産ライン

初:出来立てのマグネシウム加工工場でしたね。ホヤホヤでした、このたてもの

い:軽くて固いマグネシウム、いまどきのトレンドですね。で、入る前に気づいたのが、SIGMAのロゴの色が違うんですよね

初:ね!白に白のロゴ!

荻:そう、なぜ白いのか!

い:そこが今の社長の山木さんのこだわりだったそうで、たしかにかっこいいですよね。今のSIGMAレンズのデザインと通底するものがあります

初:うんうん

荻:うん、カッコいい

い:で、なにがびびったって、ホントほぼゼロからマグネシウム作ってるんですよ。いや、当たり前といえば当たり前なんですけど

初:これびっくりしたなあ

荻:自社内で可能なことはやろうというのがすごいですよねえ

初:外注とかじゃないんだと思った

い:そうそう

荻:見入ってます

い:ホントだ、背伸びしてる(笑)

初:たのしかった

い:型に流しこんで、削って色縫って、、、マグネシウムのバリです。

い:そして、見入ってる(笑)

荻:あ、同じとこ撮ってた

初:いやもう全てがフォトジェニックなんだもの

荻:工具まで撮ってるし(笑)

い:そんな中、アー写ごっこもやってましたけど、謎のユニット感

初:あぶ刑事意識

荻:そっか、これがアー写か!

い:え、今(笑)

初:荻窪さんはやっぱり天然……

 

荻:いやあ、工場って何を撮ってもいいですよねえ。←話をかえた

初:それは本当に思います

い:ホントに

初:たくさんの匠がいるから、機械もすべて本当にかっこいい

い:規格にない場合はネジも自作するって聞いて、すごいなあと

初:ほとんど自社で作ってる

荻:だから、見学ポイントがすごくいっぱいある

い:だから、これは公開できないですけど、型がもう大量にありましたね

初:ありましたねー

荻:ありました。いろんな製品作ってますものねえ

初:金型とか試作品のものとか

い:そうそう、これぐっときました。レンズ1つ1つがこういう小さい部品が集まってできているっていうことを再実感しました

荻:絞り羽根、でしたっけ

い:レンズまわすとこれが連動して動くやつですね

初:すてき。。。

い:プラ部品も当然のように型から成形して生産。ホントにSIGMAは、なんでも作れるなあとホント感心してました

初:SIGMAさんのものづくりに対する姿勢がこういう細かなところから伝わってきます

い:工場には絶対にあるウインチと東西南北の表記

荻:ウインチまで撮ってたとは…

い:ウインチは撮るでしょ!

荻:あ、わたしも撮ってた(笑)、ウインチは撮ります

い:そして、移動しつつアー写

初:謎ポーズ。なんかこう無機質な感じがあって、キューブリック感ありますよね

い:キューブリック感だそうとして失敗した感じ。あ、ポーズの話です(笑)

初:またブス撮ってる。荻窪さんに撮られる時「あー、またブスに撮ってるんだろうなあ」って思います

い:ひどい(笑)

初:その顔がこれです

荻:ああ、そう思ってる表情になってる(泣)

い:あのキューブリック感はなんなんだろうと思ってたんですけど

初:ほう!

い:とりあえず、今まで見た工場の中でも指折りのきれいさ

初:埃が全くない!

い:精密機器作ってるから当たり前なんですけど

初:当たり前なのかもだけどその当たり前ってめちゃくちゃ努力必要

い:で、そうでありながら、増改築を繰り返しているから、それなりのカオスな感じもあるんですよ
つまりきれいなカオス

荻:そうそう。つややかなカオス

い:あれ、道案内なかったら、確実に迷いますよ(笑)

初:迷路(笑)

荻:はぐれそうになって焦りました。。。

初:撮るのに夢中になってるとつい、ね。。

い:そうでなくても、荻窪さんはよくいなくなりますから

初:確かに、新宿でもそうだったし

荻:実はよくいわれる。。。で、印刷工程とか、マウントをメッキするところとか
いろいろ見せていただきました

い:あ、話また変えた(笑)

 

荻:そして、クライマックスは、ガラスレンズ!

い:いや、待ってください。その前に塗装!言われてみればわかるんですが、レンズってほぼ全部球面なんですよ。塗装するのも曲がったところばっかり。だから、なんと回転させて塗ってる(笑)
まじかーーとなりましたよ

初:ていうか、これ。後から気づいたんですけど、この時印刷してたパーツ、私が大阪で買った広角レンズだったんですよね……

い:あああああ!!ホントだ!!20mmだ

荻:20mm F1.4

初:そうなんですよ、伝えたら良かった……!

い:記事で伝えましょう(笑)

初:私買ったよ!!!あなたが塗装したかもしれないこのレンズ!!

い:で、その20mmの刻印、シルク印刷なんですけどね、これも自前(笑)
どういうことなんだと、、、

初:意味がわからない(笑)もうすごすぎて

い:あと、これも謎技術であたまがついていかなかったんですが、なんかきゅ!っと吸着させてプリントしてましたね

荻:してました

い:そしてメッキも自前、なんかレンズにたどり着く前にいちいち感動してるっていう

初:どんどんメッキされてくの面白かったなー

い:熱がすごかった。ここだけすごい暑かった(笑)、上の写真はアルマイト加工ですね

荻:こんな工程まで観られるとは、思わなかったですよ

い:何度も言いますけど、小さい部品の集合体がレンズなんだなあと、しかも内部ほこりとか入ったらダメだし、けっこうひどい場所でもこっちは使いますからね

荻:です。乱暴に扱ってすみません……

い:そして、そこからレンズのサンプルのようなもの(研磨前の状態かな)を通過して、、、

荻:いよいよレンズ工程ですね

 

ということで、いよいよ次回はレンズの心臓部であるレンズそのもの工程です。レンズの作りこみは、さらにさらにすごかった!

 

▼レンズ沼・SIGMA会津工場訪問、当日のツイートまとめ

【レンズ沼・SIGMA会津工場見学全部】

▼レンズ沼・SIGMA会津工場の話を初音さんがゲストで話したPodcastが公開されています。こちらもどうぞ

▼レンズ沼連載マップ

shares