いしたに まさき:おめでとうございます!!!

堀 正岳:おめで…なんでしょう?

い:祝!Evernote10周年です!、それでScanSnapでも購入キャンペーン実施中です

堀:Evernote10周年!それはめでたい。10年も続いているウェブサービスなんて、GoogleやFacebookでもないかぎりほとんどありませんから、これはすごいことですよね

い:いや、ホント。これが、10年前の記事です

堀:若い!

い:このマシン、Macbook Airの地獄の初期モデルですね

堀:Evernoteには最初ガラケー版もあったなんて、いまでは懐かしい思い出です…。それにしても、さすがにUIの見た目は大きく違いますが、基本機能は最初にできあがっていたんですね

い:そういうサービスから10年続いているとも言えますね

堀:それにしても日本のユーザーには、この 2008年 6/24 という時期はあまり覚えがないかもしれません

い:そうか

堀:なにせ日本語化したのは、さらに2年後でしたから。この2008年から2010年3月までに始めていたひとは相当なマニアだったはず(笑)

い:EvernoteとScanSnapがつながったのっていつでしたっけ?これも最初っから?

堀:たしか、日本語化した頃には、がっちりタッグを組んでいましたよね。だから、相当早くから動いていたはずです。こちらが2010年5月の記事

い:はやいなあ。で、そこから3年後が例のEC3ですよ

堀:ScanSnap Evernote Edition の発表ですよね

い:え、ひらくPCバッグ Evernote版の発表ですよ

堀:あ、そちらも(笑)

い:はい、どっちもです

堀:今、聞いても信じられない流れですよね

い:たしかになあ

堀:ウェブサービスがマーケットを開いて、スキャナーとカバン売るぞ!

い:そうだ!

堀:ついでに靴下もだ!

い:一応、今だから言えるネタバラシをしてみようかと思うんですが

堀:ほうほう

い:私はひらくPCバッグのEvernote版をやっていたので、Evernoteマーケットが始まることは、当然知っていたんですよ

堀:僕はEC3 は行かなかったのですが、なにやら不穏な空気というか、ただならぬ緊張感というのは、いしたにさん方面から感じてました(笑)

い:そうでした(笑)。まあ、当然事前には話せないませんね。とはいえ、Evernoteマーケットにいろんな商品が出てくることは、うっすらわかっていて、EC3の前日もRedwoodにあるEvernote本社にも行ってたんですが、なんかいっぱい人がいるわけです。でも、なんでそこにいるのかは、聞けない(笑)

堀:で、知っている人にばったり会ったりするわけですね(笑)

い:そう、なぜか会う(笑)。で、EC3当日を迎えるわけです。Jeffはくっそ緊張しながら「Evernoteマーケットやるます!」って言って、やっと全体像が見えると

堀:すると、そこにカバンとスキャナーと、なぜかステーショナリーや衣類や水筒まであると

い:そう、おまいらが欲しそうなもの並べてやったぜってなもんです

堀:いまではScanSnap Evernote Edition はもう販売していませんし(サポートは継続中)、Evernote マーケットもなくなって、あれは失敗だったみたいにもいわれるわけですが、思い出すのはあの頃、クラウドってまさにバズワードで、

い:だはは。バズワードでしたねえ

堀:みんな浮かれたようなことをしていたなかで、Evernote だけは手に触れられるプロダクトにこだわっていたんですよね。それは間違いじゃなかったような気がします

い:ええ、ひらくPCバッグのEvernote版がなぜあのグレーだったのか?ということも、全体像が見えると「ああ、なるほどこのグレーじゃないとダメなんだな」ということがわかりますし、ScanSnap Evernote Editionがなぜあのグレーだったのかということも、、、以下同文

堀:抽象的なサービスだからこそ、そういう手触り感はとても大事です

い:まあ、それほどEvernoteとScanSnapは深い関係ということです。だから、こういうキャンペーンもあるわけで

堀:あまり意識されませんけど、Evernoteには「まず情報を入れなければ使いようがない」という弱点があって、そういう意味でもScanSnapってEvernoteにとって最高のパートナーですね

い:今でも聞かれることがあるんですが、Evernoteってなにすればいいんですか?っていう質問に対する答えが、今の話に入ってますね

堀:まずは何かいれてみよう!そのためには、どんなファイルでも入れられるプレミアムに触れてみないと、その真価が感じられないというわけです

い:うまいなあ、堀さん。さすが、ライフハックの鬼

堀:ライフハックは終わりです!

い:え

堀:「クラウド」みたいなバズワードと同じで(笑)。次の10年はどこにゆくのか、これからも見守りたいですね。詳しくはこちらで!

い:あ、その話は次回やりましょう!

堀:あ、野間さんがなぜいないか説明し忘れた、、、

い:えーと、のまさんはこういう感じみたいです

夕陽が最高に綺麗だった〜

A post shared by 野間 恒毅 (@tnoma) on

堀:圧倒的敗北感

 

▼Evernote10周年記念、ScanSnap購入キャンペーンはこちら、9月2日まで!

shares