レンズ沼連載、沼ロケ6日目の第2回、沼は沼でもバッテリー沼の話がまだ続いております。なお、今回登場するOmnichargeは、商品モニターの提供を受けています。

登場するのは、今回も3人の沼の住人。

  • 松嶋初音(@hatsunex)レンズ沼師匠、他にも沼をお持ちのようです
  • 荻窪圭(@ogikubokei)デジタル師匠はバッテリー師匠でもありました
  • いしたにまさき(@masakiishitani)沼ウォッチャー、実はレンズよりもいいフラッシュが欲しかったするのですが、それは気のせい

松嶋初音:OmnichargeのCEOの第2の話ということでしたよね

いしたにまさき:ですです。要するにOmnichargeは、普通の人にはここまで高機能のものは必要ないって話です

荻窪圭:そら、そうだ

初:確かに

い:例えば、スマホの充電には過剰クオリティ

初:ウンウン

い:だから、CEOも、CEO「これはプロユースの製品だ!」って言いきってて

初:それはすごく感じます、やっぱり

い:DCアウトもあるので、一眼レフで長時間タイムラプス撮影とかでも使えますし

初:おー

い:とはいえ、やはりACですよね

初:ですね。これはすごくほしかった

い:私は先日子供の運動会で、テント張って見学していたんですが、こいつをテントの中に転がしておきました

初:あーー、それ超良いですね

い:扇風機でもスマホでもなんでもOKです

初:テントに電源あるってすごく良い

い:ほら、フェスとか、おれ行ったことないから知りませんけど

初:フジロックとかね

い:そういうのあるんでしょ、テントでフェス

初:充電問題は結構大変です。テント派の人はいつも蓄電池とかですよね。あとは、スマホだけのためになっちゃいますが乾電池のやつとか、カメラの充電までは回らないとか、結構ありますね。あと、今まさにそうですけど、普通にホテルでも助かってますね。きのうは、iPodとイヤホンを同時に2個のポートで充電してました。

最新のもので古いものを充電する人

 

い:海外だと、すでにコワーキングスペースとかで使われてます

初:ほえー

い:受付すると、Omnichargeを貸し出ししてくれる仕組み

初:ほう

い:AC刺せるから、部屋に電源工事しなくていいわけです

荻:それはおもしろい

初:すげえ、めちゃくちゃ良い話だ

い:なので、こんなのがある。一度にOmnichargeを10台充電(笑)

初:ステイション(笑)。カラオケみたいですね、デンモク貸すみたいな

い:そそ、まさにそれ。で、Omnichargeってアプリと連動することができるので、アプリからチェックインしないとOmnichageが動かないとかもできるわけです。チェックアウトするとOmnicharge使えなくなる。つまり盗んでも意味がない

初:ほぉー!それはすごい良いですね

い:電気工事って高いでしょ。各席全部にコンセントとか、実に無駄。そもそも工事しにくいところもありますしね

初:ウンウン

い:CEOが、CEO「このPowerStationがあれば、コンセント1個あれば、10倍に増える」って言いきってました(笑)

初:これすごく良いなあ〜

い:こんな使い方が想定されているものですから、やはりプロユースなんです。で、そのCEOが、ぜひ、沼のみなさんにテストしてほしいということで、1台預かってきたわけです。やっと、話がここまでたどりついた(笑)。

初:なるほど(笑)、これはすごく良かですよ

い:ということで、初音さんが戻ってきたら、荻窪さんへ

荻:旅しなければ!

初:北海道で見かけた猫

荻:おおお、羨ましい。北の猫

初:可愛かったです

 

初:旅先って常に調べて常に地図開いてたりするんで電池の減り尋常じゃないんです。写真も撮るし、Omnichargeで充電問題なくなるので、本当に旅が楽になる

い:これまでは、私は、だいたい10000ぐらいのやつを2つ持っていってました

初:ウンウン

い:こいつなら、これ1個で電源ならなんでもいける(笑)

荻:OM-DのようにUSB充電できないカメラがあるから、これはありがたい

い:Canonもね

初:それ大事

い:一眼レフはだいたいダメですね

荻:ミラーレスなのにダメなオリンパスの立場が(笑)

 

い:でさー、あとさー

荻:はい

い:さっき初音さんがちらっと言ってましたけど、ホテルのコンセントってさー

初:うん

い:なんで、あんな不便なところにあるわけ(笑)

初:わかりみが深い

い:あたらしいホテルとかは、ベッドサイトにUSBとかACあるところもありますけど、、、

初:今回のお宿、コンセントここ

い:ん?

初:このコンセントのヤバさわかりますかね?

い:これはひどい

初:ご理解ありがたい!!これ入り口のドア横!!!隈なく探して、あらびっくり

い:だから、結局延長コードとか持っていく羽目になる(笑)

荻:掃除機用ですね、これ(笑)

い:そうなんです。ホテルのコンセントって、掃除機用なんですよ

初:もう1個のコンセントは、取ってつけた系の棚の横に!

初:1個かーーーーい!これやめてよぉ

い:1個!しかもそこかい!

荻:でも、あとからつけた感がたまらんですね

初:多分言われたんだと思うます(笑)

荻:同感です

い:ただ、その問題も、Omnichargeでわりと解決しますよね

初:超解決です

い:風呂でも入ってる間にOmnicharge充電しておいて、あとはOmnichargeとセットで持ち運べばいいわけですから

初:ですです

 

い:まあ、人生いろんな沼がありますが、、、沼に電源は付き物なわけで(笑)

荻:電源沼……

初:ですね(笑)、これまた深そうな沼……

荻:ホテルで夜中に、USBポートが足りない〜と叫ぶ沼とか

い:あれつらい

初:わかりみが深いよお

い:エアブラシとか

初:あー、深い沼

い:ということで、沼にはOmnicharge

初:ですね!

い:荻窪さんが電気の計算早いのがびっくりでした(笑)

荻:理系だし……何Vで何mAかってめちゃ気になるんですよ

初:改めて尊敬しますた!

荻:しかもデジカメ黎明期にバッテリー問題はかなり勉強したので

い:お

初:ほぉお

荻:当初のデジカメは笑っちゃうほど電池もたなかったから

い:たしかに昔はひどかった(笑)

初:そうだったんですね(笑)

荻:10枚も撮ったらバッテリーがなくなったカメラとか(笑)

初:フィルムより撮れない(笑)

荻:当初は単三型電池だったので、充電池はどこのなにがいいとか

い:あーあーあ

荻:どうすれば劣化しないとか

い:そうだった

荻:メモリー効果対策はできているか、とか

初:必要な知識多い(笑)

荻:まだリチウムイオン充電池が一般化する前でしたからねえ

い:一眼レフメーカーのフラッグシップと呼ばれるカメラがすごいのも、実はバッテリーの部分だったりしますしね。5Dですら、丸1日ぐらい撮影しないとバッテリーなくなりませんよ

荻:一眼レフは、一番電気食う、モニタとイメージセンサーが、普段は休んでるので、それがでかい。ニコンのも公称で1,000枚とれましたからねえ

い:そうか、ミラーレスが実現できるようになったのもバッテリー革命のおかげか

初:バッテリー様様

荻:ですです。そういう意味で、ハイエンド機を含む、全モデルでUSB充電可能なソニーはすごいと思いますですよ

い:対応早かったですしね

荻:よくあのボディに充電機構をいれたなあと。やっぱ余計な回路が必要になるので、大変らしいのです

初:そうなんですね

い:そうだと思います

荻:オリンパスもはやく対応しないとヤバい。EOS Kiss Mもそこは対応して欲しかった

初:たしかに、対応してるかと思ってた完全に

い:わかります(笑)

初:してないことへの驚きがありました……

荻:わたしもです!

い:フジは対応してます

荻:フジは意外とバッテリー持たないので、首から提げたX-T2にモバイルバッテリーから充電しつつ歩いたりしてます。。。

い:それも、Omnichargeなら、きっと早いはず。次回、荻窪さんにその話を聞きましょう

 

ということで、バッテリー沼の話はとりあえずここまで。次回から、例のルノアールから、またはじまります。

▼レンズ沼連載マップ

shares