大阪ヨドといえば、新宿ダンジョンと並ぶ、待ち合わせの難所として知られています。

そこにJR大阪駅から大阪ヨドバシカメラに空中で直結する歩道橋・通称「ヨドバシ橋」が完成して、歓喜の声が広がったことは、みなさんの記憶にも新しいと思います。

ヨドバシカメラ公式はともかくとしても、なんか周辺のみなさんのツイートもなんか妙に熱量が高いのが、このヨドバシ橋、というかすでに淀橋という名前に変化していますが、に関することです。

歩道橋が完成しただけなのに、25000ツイートってすごい。

あまつさえ、公式が開通動画までアップ。

大阪ヨドの店員のみなさんのいらっしゃいませー!という声が鐘の音とともに聞こえます。

そして、その2日後の淀橋。

淀橋に人が満タンです。

そして、まさかの阪急公式も投稿(なぜまさかという表現を使うかについての説明は割愛)。

とにかく、この淀橋は人が多い。午後4時だというのに渋滞してます。

工事中の様子や、今後予定されている、まだ増える第2淀橋や第3淀橋のことまでフォローしてくれている記事もありました。

この空中通路の橋は、大阪駅ビルの「大阪ステーションシティ」のカリヨン広場とつなぐ橋と、グランフロント側とつながる橋の2箇所の計3の橋がかかる予定になっているようです。

こういった大阪から伝わってくる大阪ヨドと淀橋のツイートや記事などを見て、私自身は大阪には有名な淀屋橋という地名もあるので、大阪のことをよく知らない人には、さらに混乱を増やすかもしれないなあなんていうどうでもいいことこを考えていました。

だが!しかし!、作家という人は、見えない点と線をしれっと見抜くのです。

そうですよ、大阪ヨドに淀橋ができた!という話を聞いたときに、心の中に発生した何とも言えないもしゃもしゃした感じって、こういうことだったんです。

さて、ここから先を続けて書こうと思ったんですが、思わず淀橋の熱量のせいで、記事が長くなってしまいました。

ということで!次回「新宿に今も残る淀橋の痕跡編」をお楽しみに!

shares