レンズ沼連載、沼ロケ5日目の第3回、CP+2018に端を発した今回のロケ。ここから本編に入ります。今回のメインコンテンツは、ズバリLOMO。そうロモグラフィーのロモです。

登場するのは、今回も3人の沼の住人。

  • 松嶋初音(@hatsunex)レンズ沼師匠、昔からLOMO大好き
  • 荻窪圭(@ogikubokei)デジタル師匠、この回貸し出し時のみ不参加
  • いしたにまさき(@masakiishitani)沼ウォッチャー、だんだんLOMOのことがわかってきました

いしたにまさき:さて、本題いきましょうか!

松嶋初音:ロモグラフィー!!

荻窪圭:はい、ろもさん。CP+後におふたりで、ロモグラフィーを襲撃したそうで(笑)

い:CP+のブースで社長さんと訪問のお約束しまして、アキバの3331にあるロモグラィージャパンまでお邪魔しました

初:満を持しての訪問です!

い:要するに「レンズ貸してーーー」です(笑)

初:場所にびっくりしましたね(笑)

い:そうそう

初:イベントとかで行ったことあるのに、気がつかなかった

い:え!?ここ??

初:ここにあったんか!っていう(笑)

い:思わず、いつからここですか?って聞いてしまったという、、、ずっとここですって返事でした(笑)

初:あれは本当にびっくりしましたね。でも、本当に便利ないい場所なので、みなさんも行きましょう

い:というのも、そのロモグラフィーから2mぐらいのところで、私と初音さんは写真のイベントをやったことがありまして、、、

初:そうそう

荻:そうなの?

い:なんで、当時気づかなかったのか謎でしかない(笑)

初:写真のイベントやって気がつかないってやばい

い:もう3年前になりますが、このイベントです。エンガジェットフェス(例大祭)ですね

初:なちゅかしい

荻:ああ、そのイベントでしたかー。行ってないけど、やってるのは知ってた

い:われわれが登壇した部屋のうらがロモです、しかも私は同じ部屋で何度も写真のイベントやってました(笑)

初:おかしな話だ(笑)

荻:わはははははは。自分たちでロモを隠していた?

い:まあ、動線設計とかはわれわれの管轄ではないんですが、エンガジェットが決めたことなので、、、たぶんロモは当日入口を閉めてたんじゃないかなと、、、ロモ、入口せまいので(笑)

荻:なるほど

い:ということにしておきましょうよ

初:そうしましょう。それで、レンズ借りに行ったわけです

い:ですね

初:結構借りましたね(笑)

い:ええ、主に初音さんが(笑)

初:はい!

 

い:初音さんはCP+でもお気に入りだった、例のアレですね。アレを借りておりました

荻:その日いなかったわたしの分も借りてくれました。ありがとーです

い:アレというのは、ロモのこちらです

初:はい、私はNeptuneレンズ3本セットNaiad15mmを借りました。Neptuneレンズはマウントと35mm・50mm・80mm3本のレンズがセットになっています。で、そのNeptuneのマウントにつけられる新しいレンズがNaiad15mmですね、超広角です。なので合計でいうと4本のレンズを借りたことになります

荻:これ、面白いアイデアですよねえ。

初:面白いですよ!

荻:専用マウントを別に用意することで、それぞれのレンズをコンパクトにできる。しかも、絞りやフォーカス部分を共通にしてるから、レンズ自体はシンプル

初:私はちょうど台湾旅行が決まっていたのでこの4本を連れて行くことにしました!

初:操作方法も変わらないですし、レンズ3本持っているとは思えないくらいコンパクト

い:とはいえ、なかなかの大荷物になっていたのが笑いました(笑)

初:箱がね……

い:レンズはコンパクトなんですけどね。箱がね

初:化粧箱が……

荻:レンズはコンパクトなのに、箱が立派すぎて(笑)

初:かわいいんですけどね

い:まあ、普段は箱関係ないからいいですよ

初:そうなんですよ。買った時の喜び的には、箱が大きいほうがいいから(笑)

い:箱はおしゃれ箱なので、どっかに飾りましょう

荻:中に写真集みたいなのもついてますしね

初:作例ついてるのはいいですよね、構図の勉強にもなるし

い:そこがロモらしくていいですよね

荻:しかもその作例がロモっぽいカッコよさ

い:で、初音さんとしては、とにかく狙っていたのは15mmの方で、しかもCP+のときにはなかったレンズフードが出てきて、、、

初:それがまた大きくて……申し訳なかったですがレンズフードは持って行かなかったです。取り付けもちょっと面倒なので……

い:かるく子供の顔サイズ(笑)

初:でかい……

荻:フードで顔が隠れる

初:ドビーン!装着した見た目はいいんですけどね

い:これだけ広角だと、レンズの前玉出てきちゃうので、純正でフードを付けたい気持ちはわかりますけどね

初:レンズフード外してレンズキャップするっていうのがもうつらくて(笑)

荻:フード用キャップを作って貰いましょう

い:だはは、さらに大きくなる(笑)

初:レンズフード正直なくても問題なかったので、フィルター使いたい人は是非どうぞって感じですね(笑)

 

い:で、私なんですが!ホントはこれを借りたかったんですが!

初:ジュピター!!

い:今、全世界レベルで在庫がないそうで(笑)

初:すごいことや

い:ないものをレビューしても意味ないよと、、、で、こっちにしました

初:うんうん(笑)

い:Minitar-1です。これ、要するにもっともロモらしいレンズですね

荻:ミニターか、名は体を表す的な

い:しかも、とにかくうすい。マウントアダプターよりもうすい(笑)

初:ヘリコイド付きマウントアダプターにつけたら埋まってるみたいでしたもんね

い:そうそう

初:このレンズはいわばLC-Aシリーズのレンズ部分って感じなんですけど、LC-Aはピントが完全ゾーンフォーカスで勘で撮影するスタイル。LC-A+を愛用していましたが、いいカメラです。でもピント問題はやっぱありました。でも、デジタルだとピントがちゃんと合わせられる!!

い:被写体との距離を把握して、身体でピント合わせる系ですね

初:そう、単焦点より更に自分が動く系レンズ

荻:なるほどー。昔ながらの、ちょっと絞って距離をアバウトに合わせて撮るスナップ用レンズか

い:画角といいサイズといいスナップ向きのレンズなので、X-E3と組み合わせるのにちょうどいいわけです

初:見た目もめっちゃかわいい

い:初音さんのセットと比較すると軍艦と駆逐艦みたいな感じでした

初:サイズ感が真逆

い:対比としてもちょうどいいです。

 

い:そして、当日不在だった荻窪さんには、どのレンズを借りていこうかという話になりまして、、、そうなると中望遠レンズが残ってますねと、、、なので、Petzvalをお借りしました

荻:そうそう、どうせなら中望遠レンズで猫を撮りたいなと、そしたらすごいのを借りてくれました

初:ぐるぐるボケ!

い:荻窪さんのニーズにも合うということで、こいつにしようと

荻:実物見てびっくり

い:なんかみんな百式レンズって言ってましたね(笑)

荻:そう。俗称「百式レンズ」でいいかも。雰囲気も百式っぽいし

初:このレンズ、真鍮だからめっちゃ重そうでしたね

荻:重い!重かった!しかも、、、

い:えーと、インプレッションは次回以降にしましょう(笑)

左(X-E3・Minitar-1)中(α7Ⅱ・Neptune&Naiad)右(X-T2・Petzval)

初:はーい

荻:いや、あのプレートが、、、

い:では、次回で!

 

ということで、次回から各メンバーによるロモレンズレビューとなります!

▼レンズ沼連載マップ

▼レンズ沼ロケ5日目全部

shares