そういえば。私、あまり他人から「大人だね」と言われた記憶がありません。

もうじき還暦を迎えようかっていう年頃なのに。

おかしい。

そもそも「大人」って何なんですか。

うーむ。

考えれば考えるほどわかりません。

だから、なのか、商品名やらキャッチコピーやらに「大人のなにがし」っていうフレーズが入っていると、それだけでもう、ちょっとココロ惹かれてしまうんですよね。

もしかすると、コレを買えば・コレを食べれば「大人って何か」なる深淵なる謎を解くカギが見つかるんじゃないか!と。

まあウソですけどね。

とにもかくにも、ココイチの店頭で「大人のスパイスカレー」のポスターを見かけて、思わず足が止まってしまったのは確かです。

カレー好きの、大人と呼ばれたいオジさんとしては、黙って通り過ぎるわけには行きませんよね、これは。

CoCo壱番屋が、この3月から提供をはじめた「大人のスパイスカレー」、正式名称は「スパイスカレー THE PORK」だそうで。

5月末までの期間限定メニューで、価格は890円(税別)。

ベースになっているのは、ココイチ定番のシャバシャバなポークカレーなのですが、そこに振りかかっている5種類のスパイスが、つまりは大人の装いというわけですね。

その5種類のスパイスというのが、パセリ・クミン・カルダモン・唐辛子・胡椒。

辛さUPというより、味の深みとか香りのUPを狙った感じのラインナップかもしれません。

実際、運ばれてきた「大人のスパイスカレー」、香りが立ちまくり。

ここはインドかパキスタンかっていうスパイス臭! 来ましたよ!

いつもココイチでは辛さ2〜5のあたりをその日の気分で頼んでいるのですが、今回は大人なスパイスに敬意を表してアップグレードなし。ありのままの、すっぴんの、スパイスカレーをひと口いただくとーー

う〜ん、辛くない……。

スパイス感、正直よくわからない……。

そりゃそうだ。たいていのカレーに入っているはずのスパイスが、わかりやすく振りかかっているだけだから、味に違和感があるわけがありません。

ただ、デフォルトで入っている具材のポークとキャベツがなかなかのモノでして。

量も結構多いし、こりゃうまい!

ってな感じで食べ進めておりますと、だんだんノドの奥のほうが熱くなってきて、心なしかカラダがぽかぽかとしてきました。

おお、遅れてきたスパイシー!

いっこく堂の声より遅れてる!

といっても、そんなに辛いというわけじゃありません。スパイスで味が深くなった感じですかね。

なので、辛いモノが苦手な人でも十分食べられると思います。

ただ残念なことに、このスパイシーカレーに押し出されるように、スープカレーがメニューから消えてしまっているんですよ。

この5種類のスパイス、スープカレーに振りかかっていてもしっくり来そうな気がするんですよね。

まぁ、それもこれも大人の事情ってところなのかもしれませんけどねえ。

それじゃまた!

 

コスパ度 :★★★
満腹度:★★★★

 

 

 

shares