トラッカール ピクセルは、なんといってそのサイズが魅力です。

500円玉以下、100円玉以上のサイズですから、要するになにも考えずに財布のコイン(硬貨)が入る場所にあっさり入るのです。

トラッカール ピクセルはいわゆるIoTデバイス、スマートアクセサリーなので、アプリでの設定が必須です。

でも、それもアプリダウンロードして、ブルートゥースさえオンにしておけば、あとは簡単。

アプリを起動して、トラッカール ピクセル(これからお世話になるボタン)のボタンを押せば、あとは言われるがままにセットアップしていけばいいだけです。

意外と重要なのが、トラッカール ピクセルの名前です。

まちがっても、自分の名前などの人の名前を入力してはいけません。あくまでも、このトラッカール ピクセルをなににつけるのか?、つまりなくなっては困るものの名前をつけてあげましょう。

ここ、大事ですよ(二度目)。

そして、トラッカール(TrackR)のアプリに自分のトラッカールを登録したら、わかりやすくするために設定のアイコンも買えておきましょう。

トラッカールなんて、1人で何個も使うものですからね。

 

なお、トラッカールに設定できるアイコンはこんなにたくさん用意されています。

それにしても、トラッカールのアイコンの選択画面、鍵と財布の次が犬と猫ってのがすごいですね(笑)。

shares