だからこそのトラッカール(TrackR)です。

とある晩。六本木で飲んでおりました。

いえいえ、六本木といっても女帝でも嬢王でも都立水商!でも美咲ナンバーワン!!でも愛・標的-ラブ・ターゲット-でもありません。豚肉料理の美味しゅうお店で、でございます。

ビール3杯日本酒1杯、ワイン半分くらい空けたところで宴もたけなわ。

でもまだ時間があるということで乃木坂のお店に流れ、1〜2杯ほど流し込んで友人たちと解散…したあたりから記憶が薄れているのですが、電車を乗り継ぎ、自宅の側まできてはたと気がつきました。鍵が、ないと。

人間、突然の出来事があると意識がしゃっきりしますよね。この効果を再現できる酔い防止の薬があったら売れるのではないでしょうか。

さて、ウチのマンションはこのタイプのディンプルキーを用いています。ピッキング対策が施された強いやつ。

だから鍵の業者さんを呼んでの鍵開け料金が高い。スマホのバッテリーが切れそうだったので、交渉も相見積もりもせず1件目の業者にお願いしてしまいましたが!お値段は!

出張費込みで2万8000円

グッとせり出すなにかがあります。にまんはっせんえん。

作業内容は書けませんがガチャリと開けるまでの所要時間は2〜3分ほど。や、わかるんですよ。特殊技能を身につけた人を24時間スタンバらせている業種(最初に電話したとこと領収書の会社名が違うとか、気になるところはあれど)ゆえに、これくらいかかるのはしゃーない、はず。

でも。ぐぬぬ。

で、これだけでは終わらない。セキュリティのことを考えると鍵シリンダーの交換が必要です。ウチの場合は管理人経由で2万円となりました。

しかし世界は広い。教えてgoo!などで調べると、オートロック案件だと共用部に誰かが入ってしまうかもという懸念から、全戸の鍵交換を申し付けられるケースもあるというじゃないですか。なかには!

50万円を請求

された人もいるみたい。

いやああああ。バイク買えちゃう! 

こんな事態を防ぐために必要なのがTrackRです。

コインサイズの紛失防止デバイスで、スマホのアプリと連携して位置情報を記録。Bluetoothによりスマホから離れるとスマホ・TrackRが鳴り、置き忘れを教えてくれます。

また他ユーザーがTrackRのアプリを起動した状態で、野良となったTrackRのそばを通るとだいたいの位置情報を飼い主のアプリに送るというクラウドGPS機能もついています。

鍵、財布、バッグ、PC、傘、自転車、バイクなどなど、置き忘れや置き引き、盗難の可能性があるものにTrackRをつけておくと、自分から離れたことを教えてくれますし、盗まれたときに居場所が把握しやすくなる。

今までにも同様の製品はありましたが、Bluetooth Class2(有効範囲はおよそ10m)を律儀に守っているのか、敏感に反応しまくりでやや使いづらいところがありました。

とあるコワーキングスペースに行ったとき、最新のTrackR pixelをバッグにつけた状態でトイレにいったんです。

わざと友人にバッグを持ち去ろうとしてもらったらやはり警告音が「たらららたらら、たらららたららら」と鳴ってくれたんですね。電波は壁やドアで減衰してしまいますが、TrackR pixelは見通しで30mほどの通信距離があり、トイレそばの席ならば盗難防止用としても活用できるかも?

酒が好きで、フラフラと飲み歩いてしまう人にはマジ必須。

100円玉サイズのTrackR pixelは1つ2980円とリーズナブルなのも素敵。いち飲み会我慢すれば1つ買える計算になりますから、1週間くらい断酒して3つ4つ揃えてやります。

というかいらすとや、凄い。

Bluetoothタグつけて鍵探しているイラストもあるんだ。

shares