キャンペーンだったりで安く買えるなら、さらにオススメ。

いままでクリップ式やマグネット式のコンバージョンレンズをいろいろと渡り歩いてきたんですけど、安かろう○かろうな品が多く、イマイチ。スクリュー式のレンズがつけられる製品の中にはいいモノがあるのですがサイズ的にゴツつなってしまうので、ポケットin派には厳しいんですよね。

で、興味があったのがShiftCamがKickstarterでクラウドファンディングをしていた、iPhone 7 Plus専用6レンズケース「6 IN DUAL LENS」。定価は99ドルですが、35%オフで買えるチャンスがあったので買ってみました。

総論として、コイツならいっかな。と思える作りでしたよ。写真を撮るのが好きiPhone 7 Plusユーザーにはオススメしたい。

「6 IN DUAL LENS」は、iPhone 7 Plusのカメラ力をUPさせるためのハードケースです。横位置で持ったときにホールドしやすいグリップと、スライド式の6つのレンズがついています。iPhone 7 Plusはアウトカメラ側に広角レンズ(35mm判換算28mm相当)と望遠レンズ(35mm判換算57mm相当)がついていますが、どちらのレンズも使える設計になっているのがポイントですね。

レンズの仕様はこちらのとおり。120度ワイドアングル(広角)、10倍マクロ、180度フィッシュアイ(魚眼)、2倍望遠、20倍マクロ、2倍望遠レンズが1つのプレートにまとまっています。2倍望遠レンズが2つついている理由は、謎。近い距離でピントが合って望遠マクロとして使えるとか、そういう一手が欲しかった。

不安定なところもありますが、スタンド代わりにもなりますよ。

では各レンズのカバーエリアを見ていきましょう。

 

120度ワイドアングル、180度フィッシュアイ

左からiPhone 7 Plusの広角側レンズ、「6 IN DUAL LENS」の120度ワイドアングル、180度フィッシュアイです。レンズを壁に向かってまっすぐ向けたつもりでしたがゆがみがでていましたすみません。120度ワイドアングルは見事な樽形ですが、直線が多い被写体を近い距離で撮らなければそうそう気にならないですよ。レンズ外周部の像の流れも、僕にとっては許容範囲です。

180度フィッシュアイは鼻デカ犬以外の被写体あるだろうか…魚眼レンズって使うのが難しいですよね。コイツで修行しようそうしよう。

 

10倍マクロ、20倍マクロ

左上がiPhone 7 Plusの広角側レンズ、左下が10倍マクロ、右下が20倍マクロ。被写界深度(ピントの合っている範囲)はかなり狭め。これはこれで使いこなしが難しそう。なお20倍マクロはiPhone 7 Plusの望遠側レンズを使いますが、標準のカメラアプリだと暗い場所では広角側レンズ&10倍マクロに切り替わります。これは2倍望遠レンズも同じこと。使うレンズをコントロールしたい方はLightroom mobileなどのアプリで撮影しましょう。

 

10倍マクロ

なお10倍マクロでこんな。

 

20倍マクロ

20倍マクロだと、こう。「6 IN DUAL LENS」があると、朝の散歩が楽しくなりますよ。一風変わったモノを撮りたくなりますよ。

では2倍望遠を含めた画角の違いをご覧ください。フルサイズの画像をUPするので、クリックして画質も確認してみてくださいね。

 

180度フィッシュアイ

120度ワイドアングル

iPhone 7 Plus広角側

iPhone 7 Plus望遠側

iPhone 7 Plus望遠側x2倍望遠

2倍望遠レンズの絵は、暖色系ですね。色味はあとから調整するとしても、注意したほうがいいかも。

計算上は57mmx2=35mm換算114mmの中望遠となります。この状態でポートレートを撮ったらどうなるだろうか。気になります。だれか撮影させてください。

ところでiPhone 7 Plusにはデジタルズームもついていますよね? 被写体にあと一歩寄りたいときに便利なこの機能と「6 IN DUAL LENS」を組み合わせたらどうなるか。ご覧ください。

iPhone 7 Plus5倍(光学2倍xデジタル2.5倍)ズーム

iPhone 7 Plus5倍ズーム(光学2倍xデジタル2.5倍)x2倍望遠

iPhone 7 Plus10倍(光学2倍xデジタル5倍)ズーム

iPhone 7 Plus10倍(光学2倍xデジタル5倍)ズームx2倍望遠

iPhone 7 Plus5倍ズーム(光学2倍xデジタル2.5倍)x2倍望遠=10倍と、iPhone 7 Plus10倍(光学2倍xデジタル5倍)ズームの画角差が気になるところですが、参考例ということでよしなに。PCのモニタで見ると

 

(ノ∀`) アチャー

 

ですけど、スマホで見るぶんにはiPhone 7 Plus5倍ズーム(光学2倍xデジタル2.5倍)x2倍望遠も常用できそう。Instagramにポストする画像の幅が広がりそう。

重ねます。「6 IN DUAL LENS」、写真撮影が好きなiPhone 7 Plusユーザーにオススメです。iPhone 7 Plusだけポケットに入れて、街を散策したりなりますよ。

「6 IN DUAL LENS」の購入ですが、日本での取り扱いは以下のサイトで行っているようです。

ただ、本家のShiftCamでももちろん購入可能で、セール情報などはこちらから。

 

shares