これまでは下町大衆酒場的なイメージで、北千住や平井に亀戸、そして森下など東京の東側エリアを探索することが多かったのですが、東京は巨大な酒場都市。まだまだ未開のエリアが残っていました。

そしてついに南側エリアまで足を伸ばしてみることにしました。場所は武蔵小山。実はここも品川区なんですよ!

多くの人が思っている品川区のイメージは品川駅などの開発されたイメージだと思いますが、実はあそこは港区なんですねぇ。

ということで、武蔵小山で初めて訪れた店は創業から60年をこえる「牛太郎」です。「働く人の酒場」と銘打たれた酒場は、酒も肴も60年前の価格なのでは!? というくらいの激安。働く人が毎日でも訪れられるような価格帯になっています。

ハイサワーでお馴染みの博水社のお膝元ですから、もちろんサワーの割り材はハイサワー。

150円のブドー酒を呑みながら、名物のモツ煮やもつ焼きを頂きましょう。ホルモン炒めのとんちゃんだけで、2杯や3杯は呑めそうだ!

武蔵小山に遠征するならば、まずは訪れたい激渋酒場が「牛太郎」です。

おっさん指数:★★★★★

「牛太郎」の住所と地図

住所:東京都品川区小山4-3-13

shares