通信技術的に次世代な完全ワイヤレスイヤホン、来たる

投稿日:

10月27日、28日。東京・中野サンプラザで、秋のヘッドフォン祭 2018が開催されました。今年でついに10年め22回め。初回の秋のヘッドフォン祭2008は中野サンプラザの15階1フロアを使っていましたが、いまや6階・11階・13階・14階・15階の5フロア! 国内メーカー製のヘッドホン・イヤホンだけではなく、海外製品も多数展示・試聴できるとあって、多くのオーディオファンが訪れていました。

イベントの方向性上、数十万円といったプライスタグをつける工芸品的ヘッドホン・イヤホンも多く展示されますが、Modul的に注目したいのは完全ワイヤレスイヤホンです。

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ際、最も重視すべきポイントは「音が途切れにくい」ではないでしょうか。だからこそ、より安定した通信を行ってくれる技術がウェルカム!

会場を見て聴いて回っていて、「これは」と目に入ってきたのがFUNOHMのF2。2018年11月下旬に発売される新モデルです。キーテクノロジーはクアルコムのQCC3020。完全ワイヤレスイヤホン用に設計されたBluetoothチップを搭載します。

従来の完全ワイヤレスイヤホンはスマホ・DAPと親機がBluetoothでつながり2chぶんのデータを転送し、親機と子機もワイヤレスでつながって1chぶんの音声を通信するシステムが一般的でした。このタイプは子機側の音が途切れることが多く、また親機のバッテリーが切れやすいといった事態に陥りがちだったんです。

水分をたっぷり含んだ頭部をぶち抜けるほどBluetoothの電波は強くありません。仕様上仕方ないんですけど、お客様に「有線とは違う」という言い訳は通用しません。そこでBluetoothチップメーカーでもあるクアルコムがとった手法がTWS Plusです。

Snapdragon 845を採用したスマートフォンのみとなりますが、右側と左側それぞれに1chずつの音声データを流せます。左右のイヤホン間での通信は行わないために、音切れがしにくいんですね。

またSnapdragon 845以外のSoCを使ったスマートフォンと接続したときは、右側と左側のイヤホンの親機・子機の役割が定期的に切り替わるため、バッテリー消費が平均化するというメリットがあります。

時間がなくて実機の試聴はできなかったのですが、気になる1品であることは確か。今使っているEARIN M-2のバッテリー性能が低下してきたらこのタイプ&最新Androidにチャレンジするかも。

後悔しないための完全ワイヤレスイヤホンの選び方・2018秋

投稿日:

Bluetoothイヤホンが売れています。まじ売れています。

2018年10月1日調べの価格コムのイヤホン・ヘッドホンランキングは1位から10位を超えてその先までBluetoothイヤホン&ヘッドホン。BCNランキングも1位3位5位6位8位9位とBluetoothイヤホンがひしめき合っています。

9月に開催されたオーディオテクニカの新製品発表会でも、Bluetoothワイヤレス機の売上が昨年比3倍弱と大きく伸びていることをアピールしていましたし、ほかの企業からも近しいお話を聞きました。

ヘッドホン端子を排したiPhone 7が登場した2016年のときは、まだ有線イヤホン全盛時代。

しかし2年で、大きくシェアを伸ばしてきています。確かに便利ですもんね。ワイヤレスイヤホンとヘッドホン。

イヤホンのフィット感が悪いと思ったら、コンプライのサイトに頼ったほうがいい1つの理由

投稿日:

日本って実はイヤホン大国なんです。

国内メーカー製の品が多く、市場規模が大きいことから海外ブランドの品も多数輸入されており、好きな音・デザインのものが選び放題。

ロックを聴くならコッチだな。疲れがとれないときにアンビエント聴くならあっちかなと、イヤホンリスニングにハマって2本3本、いや買い足しまくって2ケタ本のイヤホンを揃えておられる御仁もいるんですね。

そのような方となると、イヤホンをツルシのままでは使わなかったりしまして。

近年はカナル型という耳栓スタイルのイヤホンが主流で、本体とは別に複数サイズのイヤーピースが付属します。しかし自分の耳のサイズとイヤーピースが合わない、または音質チューニング(材質や構造によって、聴こえてくる音は変化します)のために、社外品のイヤーピースを使う人が多いんですよ。

音質チューニングに関してはスノッブな趣味といえましょう。

でも、サイズが合わないとなると話は別。ぜひともみなさん、自分の耳とフィットするイヤーピースを探してほしい。お願いします。

イヤーピースは靴の中敷きのようなもの。

サイズが小さいと耳孔のなかで動きやすくなり、外れやすいし音漏れも多いし環境音のノイズも多めに入ってきます。音楽がよく聞こえないからとボリュームを上げてしまうと負担大。またイヤーピースのサイズが大きすぎると耳孔を圧迫しすぎて、耳孔内が荒れやすくなります。

と言ってはみたものの、イヤーピース選びって難しいんですよね。イヤホンはそのモデルによって本体側の軸(音道)径が異なり、愛用しているイヤホンの軸径とあったものをチョイスしなければならないのです。

たとえば左側のイヤーピースは、イヤホンの軸径が細いもの用となります。右側は太いモデル用。外径は同じでも、内径が違うんですね。

内径・細なイヤーピースを軸径・太のイヤホンにつかうと破損のもとだし、逆の組み合わせだと耳孔内でイヤーピースが外れてしまって取り出すのが大変。いやこれマジで。耳鼻科のお世話になるしかないこともあるんです。日本人は特に、耳孔内がカーブしている人が多いので、奥に入ってしまうとほんと、危険なんですよ。

e☆イヤホンのような専門店であればイヤーピースを試着してサイズを確かめることもできます(秋葉原店で確認)が、時間がないという方もいるでしょう。

そこで頼りたいのがコンプライのサイトです。

低反発ポリウレタンを用いたイヤーピースメーカーで、多種多様なモデルを用意しています。そしてWEB上で、300を超えるメーカーのイヤホンと内径が合うイヤーピースを探せるコンテンツを提供しています。これが便利&便利で。

コンプライのサイトにアクセス
 ↓ 
「お持ちのイヤホンに合うCompryを見つける」をクリック
 ↓
メーカーを選択する
 ↓
モデル名を選択する
 ↓
イヤーピースを選択する

これでOK。そして「ノズルタイプ」の3ケタ数字をメモっておきます。そしてイヤホン販売コーナーを持つ量販店やオーディオショップ、またはAmazonなどで該当するコンプライ製イヤホンをゲットしましょう。

そうだ。肝心要の外径サイズの選び方ですが、愛用しているイヤホンに付属してきたイヤーピースで測ります。

Sサイズだとちょっと大きい/Sサイズがちょうどいい=Sサイズ
Sサイズだと小さいけどMサイズだとゆるい/Mサイズがちょうどいい=Mサイズ
Mサイズだと小さいけどLサイズだとゆるい/Lサイズがちょうどいい=Lサイズ

低反発ポリウレタンのイヤーピースは同じ素材の耳栓のように、ポリウレタン部分を潰して耳に挿入します。すると耳孔内でゆっくりと広がり、側面全体にぴったりとフィットします。だから「Sサイズだと小さいけどMサイズだとゆるい」みたいな微妙なサイズ感の耳孔の持ち主でも安心して使えます。

まあコンプライのイヤーピースは対音漏れ↑、対ノイズ侵入↑、フィット性↑、一部高域↓(こもった音になりやすい)というパラメータ補正力を持つので、音質重視の方は高域減衰量を抑えたTs-typeを選んだほうがいいとか、内径サイズが同じの他メーカーイヤーピースを選んだほうがいいとかあるんですけどね。ここまで踏み込むとなると、専門店に足を運んでの試着をオススメします。